<思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


現状をどの程度

 投稿者:Nagale  投稿日:2020年11月16日(月)22時41分47秒
返信・引用
  受け入れつつ生活していくかのバランスが難しい今日この頃。
どうも、Nagaleです。

……心身共に気が休まらず、かつ保守的な思考で固まりつつあるのが悩みの種ではありますが。


●残響さん

ご無沙汰しております。
今年は季節を感じる余裕もなく、秋の味覚を堪能したのかしていないのかわからないまま冬が来てしまいそうな感覚です(w;


>片づけ

春先から現在まで、休止を挟みながらも良い感じで進めることが出来たので、そこだけは怪我の功名だったかと知れません。
最後の砦とも言えるパソコン部屋はまだ殆ど手を付けていないので、そこは冬の合間にゆっくり進めていく予定ですが……。

それでも、頭の中が整理整頓モードに入ってくれたおかげで、大分スペースが確保できました。
一番の要であろう本に関しては相変わらずの山積み状態ですが、それは各々の完結後にゆっくり減らしていく方向で(w;


>・本、書類、レコード(CD、カセット)
>・模型、おもちゃ、ジャンクパーツ、工具、工作関連

どれも大事ですよね……心底わかります。
自分も極力残しつつ手を付けないようにするつもりでしたが、部屋をひとつ空けるという明確な目標が出来てしまったこともあり、温情保存とかそういうレベルではなくなった現実という現実ががが。

詰め込むスペースがあったことも一因とは言え、このコレクションにもう一度向き合う時間があるのか……という判断をし、後悔を承知で証拠隠滅……もとい、整理整頓を進めることに。
本当に大事だと思うものは当然残しましたが、逆に言えば本当に大事だと思うものが、本以外は思ったよりも少なかったという微妙な現実にも遭遇していたんですけどね(w;

もちろん、不要な衣類&衣類ケース、布団やクローゼットなどを大型ごみとして処分し、取り急ぎのスペースを作りながらはではありましたが、それはそれで地味に結構な量だったことは間違いなく。
そしてあまりにも捨てるものが多いと、一周回って片付けが楽しくなってくるので、勢いのままにザクザクと(w;

本に関しては山積みのままですけどね(2回目)。


書道行事の中止や延期、私事などの複合要因がありましたが、空いた時間を上手く使えたのは幸いでした。
本音を言えばグッズ類等はいつまでも手元に残しておきたいのですが、そこそこの風当たりが以下略


そうこうしているうちに冬が到来しますが、今冬はお互い例年以上に気を引き締めて乗り切りましょう。
それでは、どうもでした~
 

片づけの話

 投稿者:残響  投稿日:2020年11月14日(土)12時37分5秒
返信・引用
  北海道はコロナが大変ですね……。
残響です。
そちらはすでに雪が積もっていて、Nagaleさんにおきましては、テンションの調整にお気苦労されておられると思います。
ところで今回の書きこみの話題なのですが、

●片付け(大掃除)

ひと頃前から、Nagaleさんの日記の定期トピックとなった「片付け」。
毎日お疲れ様です。コロナ禍の怪我の功名と申しますか……。

ときに、自分の家のアトリエ……単に自室なのですが、
この数年、どうにも片付けが一向に捗らないようになってしまいまして。
おめでとうございます、今や立派な腐海になり、足の踏み場もございません。

ほぼ毎日、時間の空いた時に、家族に「じゃあ今日は今から、部屋を片付けるから」と、
この1年ずーっと言っているような気がします。
実際その時は片付ける気になっていて、
サァ書類をまとめよう、机の上を片付けよう、本の整理……とやってはいるのです。

ところがこの1年、実際に整理整頓された試しはなく。
相変わらずの腐海が広がっています。

自分の場合、
・本、書類、レコード(CD、カセット)
・模型、おもちゃ、ジャンクパーツ、工具、工作関連
・作曲の機材、楽器、デスクトップパソコン
・服(夏物、冬物)
・キャンプ道具、旅道具

と、ほぼジャンルは区切られていて、
じゃあ片づけがなぜできない、って話ですが、

・本がやっぱり多かった
・模型ジャンクパーツの小物がおぞましいくらい多い
・楽器関連とパソコンの連動がしっちゃかめっちゃか
・服の整理が雑
・キャンプ道具はひとまとめにしてある(家に帰るまでがキャンプ!@志摩リン)

……なんということでしょう、キャンプ道具くらいしかまともな状況がありません!w
何が悪い、何が悪いのだー、と考え、やっぱり、
「ジャンルごとにひとまとめにしていない」
ことが悪いのかなー、と。

部屋を、自分のものを大事にするということは、つまりメンテナンスで、
メンテナンスはつまり、掃除から始まるわけで……。

そういうことで、これもまた趣味道におけるメンテナンス。
これもまた創作の一環……と「思い込んで」、
模型ジャンクパーツのジャンル・カテゴリごとの整理から初めています。
どれくらい進んでいるかはさておき、
「まぁやる気になってんのはいいことだ」
と、イワシ(@ハクメイとミコチ)の言葉のとおりにしておこうと思います。

Nagaleさんにおきましては、趣味を重ねてこられた時間もあり、
かなり片づけが大変そうですが、今のところはどうでしょうか。
そんなわけで、片付け話を伺わせてください。


季節が寒さ厳しくなりました。
この状況では耳タコかもしれませんが、何卒お体お気をつけください。
それではまた。

http://www.redselrla.com/

 

一年一年の

 投稿者:Nagale  投稿日:2020年10月 5日(月)23時50分14秒
返信・引用
  流れに取り残されている昨今ですが、今年に関しては特にその傾向が強いですね。
どうも、Nagaleです。


●残響さん

ハルタはハマる人にはこれ以上無いぐらいハマる雑誌だなあ、というのが率直な感想ですね(w;

お祝いメッセージありがとうございますー。
近年は祝ってくれる人がいるので相応のイベントになっていますが、年齢と言う名の加齢を考慮すると複雑な心境でもありまして(w;

リングフィット然り、最低限の運動を心掛けて、減少していく体力をなんとか維持していきたいところです。ええ。


>キャンプレポート

気長に待ってますー。
地元は季節柄シーズンオフの様相ですが(冬はほぼ不可能)、内地の方はまだまだ楽しめそうで何よりです。

自分は秋のキノコ狩りが終盤&今週末ぐらいか納め頃かなあ……。


>歯痛

根に原因があるので、ある程度収まれば痛みも引いてくれるのがまだ救いですね。
早々に解決した方が良いことは間違いないのですが、次の診察まで何とか落ち着いていて暮れればな、と(w;


いろいろな意味で冬の到来が恐ろしい今日この頃。
それでは、どうもでした~
 

Happy Birthday

 投稿者:残響  投稿日:2020年10月 4日(日)09時45分53秒
返信・引用 編集済
  今さらながらハルタ本誌を買ってみました。分厚い&密度&面白いです。

・掲題

お誕生日おめでとうございます。
これからも良き日でありますよう。

・肉体

リングフィットが続いておられて、これもまた良いですね。
自分の方は、日々の忙しさで筋トレをサボってしまい(常套句)、
ハッと気づいたらおなかの脂肪にギャッと悲鳴をあげました。
SUGOI  DEKAI
SUGOI  YABAI

・キャンプ
前にお話していた自分のホームページのキャンプレポートですが、
その後の報告が出来ず仕舞いでたいへん恐縮でして(苦笑

多分自分の書き方が悪いのか、なかなか納得いく文章として書けなくて。
そして日がたつと、余計にレポートが書けないというあるある現象が

そうこうしているうちに、今度は4度目のキャンプをしようとしています。
今度は山、というか地元の町の森林公園で。
孤独のなか自分自身との対話を……。
本日、ちょっとキャンプ場の下見に行ってきます(近すぎ?)

・歯の痛み

自分はNagaleさんほど痛くはないのですが、それでも歯医者さんのお世話になっていまして。
ただこのご時世、いろいろと気を遣いますよね。
それはそうと、わたくしの先日の治療で、麻酔無しでゴリゴリのトラディショナルスタイルは流石につらかったです……

上記ダイエットもですが、身体を保っておくのは大事……
そして迫ってくるインフルエンザですが(w
今年はもう……なんとやらです。


週末はのんびりなさってください。
レスは歯の痛みが引いてからで大丈夫です。
それではまた~


追伸 下記URLのホームページ更新をなんとかしたいと思いながら今年一年が過ぎ(字余り)

http://redselrla.com/analoghp/index.html

 

遠い日常と変わらぬ日々

 投稿者:Nagale  投稿日:2020年 6月 3日(水)23時33分49秒
返信・引用
  ドサクサに紛れてシ○ープのマスク抽選に当選していましたが、後々それも思い出になるのかな、と。
どうも、Nagale【管理人】です。


●残響さん

ハルタに関しては雑誌を定期購読しても良いと思えるほど面白い作品が揃っていますが、結果的に単行本派になっている昨今。
いっそのこと、雑誌こそ電子書籍にシフトしても良いのかも知れませんが、電子版が無かったり対応デバイスがまちまちだったりする罠(w;


>・コロナ禍

自分もなるべく話題にせず、語らずなスタンスではありましたが、北海道独自の緊急事態宣言が出たあたりで諦めた部分はありますね。
元々自分の雑記は日常備忘録としての側面もあるので、自分の動く範囲の出来事は愚痴にならない程度で書き残した方が良い……という方便。

一歩引いた視点の目線から更に一歩引いた視点で語るぐらいの慎重さがあれば良かったのですが、なかなか上手く書けず(w;
結果的に中途半端な内容になってしまい(いつものことですが……)、後々読み返して意味がわかるのかどうかが少々疑問になり始めている昨今。

まだまだ継続中ではありますが、大変な四ヶ月でした。ええ。


>・週末恒例ネット飲み会

参加者一同に感謝は当然ですが、一切合切を仕切って&まとめて下さったまるまるさんに最大限の感謝と謝辞を。
状況が落ち着くまでの二ヶ月ほどでしたが、普段なかなか会えない遠方の友人知人と顔の見えるオフ会という状況に加え、喋ることによるストレス解消等、理想的な時間でした。

後半はお酒と料理の披露会等、若干の脱線もありましたが、それがまた楽しかったです(w
自粛の隙間買い出しの際、お酒を選ぶ一寸した時間がなんとも言えない良い時間でした。尚、当然のように酒量は増えましたが(苦笑)。


>・お仕事

今週から概ね元に戻った感じですが、時差通勤等の業務縮小は当面続くことになりそうです。
昨年比で見れば半分とまでは行かなくとも、仕事量が減ったことは間違いないので、妥当な判断ではあるかな、と。

イベントに関しては手探りというか、いっそ開き直ってこの状況下で出来ることを内外へのアピールや指針に使えないものかと唸っております。
現実問題、類似のイベントや前後のイベントが全て中止になっているので、風当たり的な問題はそれなりに発生するリスクもありますが……。

ただ、経済を回すためにはある程度は動かないと、結果的に共倒れになってしまう訳でして。


>・リングフィットとか筋トレの話

微々たるものではありますが、何もしないよりは全然マシですし、自宅で手軽かつ本格的な運動が出来ているのはありがたいです。
殊更、自宅で出来るというのは移動(準備)時間やコストも最小限に済みますし、何よりもベースが「ゲーム」なので、自分にはピッタリでした(w;

クリアする頃には一寸締まった身体になっていることに期待しつつ、ぷよぷよしているお腹とにらめっこする日々です(ぉ



気がつけば今年も半年が経とうとしていますし、気がつけば1年、2年、5年、10年……時の流れは残酷ですが、こうしてダラダラと雑記を書き、残響さんを始め沢山の皆様と交流しながら過ごした時間はかけがえのないものでした。実際、自分は相当恵まれていたと思います。
ここまで来れば変わりようもないので、迷惑にならない範囲を模索しつつ、今まで通りマイペースで好き勝手にやらせて貰おうかと(w;


それでは、どうもでした~。
 

病禍と筋肉

 投稿者:残響  投稿日:2020年 6月 1日(月)17時37分30秒
返信・引用 編集済
  こんにちは、残響です。
前回のハクミコ書き込みから、さらにハクミコを読み込む毎日です。
「レキヨミ」も、次なる候補としてチェックさせていただいております。しかし非常にわかりやすい評価……w


・コロナ禍

残響マイルール、と申しますか。あくまで自分のみのマイルールですが。
自分のホームページ(作成中)や日記ブログでは、コロナウイルス(コロナ禍)の事を、
「意地で」、話題にのぼらないよう、語らないよう強く定めています。
---自分の趣味の事「のみ」を、自分がのんきに楽しんでいること「だけ」を、書いていきたい。
それがコロナ禍で神経戦になっている社会状況への、ひとつの叛逆の仕方だと、あくまで「マイルールで」行っている、つもりです。
もちろん、他の方がコロナ禍に対して声をあげていらっしゃるのを否定するものでは、ございません。

しかし…ここまで状況が長引くと、つい、ブログで、このコロナ禍に対し、何かの苦言を呈したくなります。そんな思いの状況です。

思うに、「科学的に、知的に物事を冷静に判断する」のと、「自分の倫理・人徳を冷静にタフに保っておく」のでは、
少しやり方が異なってきますね。

前者は、きちんと丁寧に学べばどうにかなります。
しかし、後者のために、毎日の生活を丁寧にしようと努力するのは、まさにタフさ(心身の持久力)が何より求められます。
前者の「知識」に振り回されて、後者の「生活のタフさ」がボロボロになっていっているパターンも見受けられてしまうこともありました。


・週末恒例ネット飲み会

自分も何度か参加させていただきまして、楽しい時間を過ごさせていただきました。ありがとうございます。
まさに得難い場でした。

「作業しながらOK」な通話でしたから、、自分は、模型店のコンクールに出品するための、
SD(デフォルメ)フィギャーの制作を片手間で行っていました。
この「作業しながらOK」通話が、毎週の作品制作進捗の、良い張り合いになりました。

おかげさまで、無事、フィギャー作品が完成しました。出品作品全9作の中に並ぶことが出来ました。
コロナ禍の時期、こういったコンテストに向けて「打ち込めるもの」があった事は、僥倖とも言える事だと改めて。

以上は例のひとつですが、皆さまが楽しくネタを持ち寄り、心地よく気の置けない会話ができるという、
良い機会を作ってくださって、感謝の念に耐えません。

ちなみにですが、当時、作品制作佳境ということもあって、当然部屋の中が修羅になっていくものでしたが、
webカメラで部屋の状況が多少わかってしまうため、
一応「背景」の部屋の汚さや、「手元」の作業環境を改善出来た、という、とても具体的に「お役立ち」な側面もありました、、このネット飲み会(笑)


・お仕事

とくにきのう5/31の日記で書かれていますように、なかなか大変な会議を経ての事で、お疲れ様です。

一応、全国的に宣言が解除されました。しかし当然、ウイルスが「無くなった」わけではございません。
気が緩むことは致し方がないとはいえ、しかしこの「緩み」のタイミングも、それはそれで怖い所があります。
怖さ、と、疲れ、と。前述のように、知識とタフさ、両方が求められてしまっています。

全てのイベントが、とても「やりにくい」方向になっています。
イベントの主催側の気苦労、、そして出品者のモチベーションとスケジュール。
大勢の来客の「管理」(あまり良い言葉でなくてすいません)。

まこと、「文化」を紡いでいくことの大変さが、変な形で浮彫りになった感さえあります。

…っと、なんだかシリアスな話が続いてしまったので、強引に話を変えて、


・リングフィットとか筋トレの話

はじめられましたね…!!
ウェアラブルウォッチも心強い相棒として、Nagaleさんの日々の生活に、新しい風を吹き込もうという意志を感じます。

ほぼ同時期ですが、自分も少し前に筋トレをはじめました。
いつしかわたくし、腰が泣き所になってしまいました。
このままでは「ガラスの腰」みたいな、いつ砕けてもおかしくない、というひどさ。Nagaleさんも、よく長年、これと付き合ってきましたよ……
「君は~砕けちった~♪」という松山千春の歌はこんな状況のためにあるんじゃないのですw

そんなわけで、自分の体の改善のため、はじめた筋トレに、なんだかんだでハマりかけ、筋トレ本を読んだり、プロテインまで飲むようになった始末。

ところが一気に我流でダンベルを持ち上げていたら、腕に負荷が妙にかかりすぎて(素人のやらかすパターン)、
今度は腱鞘炎になってしまいました。ままならないものです。

ですので、このところ、しばらく筋トレも中止していました。
そしたらマァ、おなかの脂肪が、いろいろな悪影響を及ぼしてきます。
腰はもとより、最近起床(寝起き)が非常に悪く、これは血液の流れが脂(アブラ)で悪くなっているなぁ、
というのが如実にわかります。
分かるようになった程度には、筋トレで身体を意識するようになった、ということでもありますが。

そろそろ腱鞘炎もだいぶ回復してきた今日このごろですので、Nagaleさんの毎日の意志の継続を見習い、
自分も少しずつ筋トレをしていきたいと思います。


毎日、楽しくホームページの日記や旅行記を読ませて頂いております。
20年それが続いている、という凄まじさを、今再び思っております。
テキストサイトの偉大な達成だと思います。本当に。

いま、ネット飲み会でもご相談させていただいたように、
「自分の文章の壁」にぶち当たっております。
少しずつ、頂いたお言葉のように、何とかしようとしております。

今回のBBS書き込みは、いつもながら長いですが、
いつものように「残響が言葉と小理屈で、念の塊を放つ」かのような書き方を排してみたつもりです。

Nagaleさんはじめ、皆様の人徳ある文章にあやかりたいものです。

Nagaleさんが今もホームページを更新されている、ということは、
自分にとって、とても勇気が出ることです。

それではまた。


追伸:先週の飲み会で、曲の断片(リフ)がやたら思い浮かんだので、逐一録音をしておりましたが、
その録音データに、皆様の和やかな声もごく一部、録音されていました。
これはこれで、大切に取っておきたいと思います。、

http://www.redselrla.com/

 

今週末が

 投稿者:Nagale  投稿日:2020年 3月11日(水)00時50分32秒
返信・引用
  一つの目安だと思いますが、外出自粛の要請でギリギリ抑えられていると見るか、あまり意味が無いと見るかは正直まだ何とも言えないところですね。
どうも、Nagaleです。


●残響さん

仕方が無いとはいえ、この会話を含め、公私共々どうしても話題として取り上げられる昨今。
耳に入ってくる情報を取捨選択する作業は暫く続きそうですが、基本よくない話ばかりなのが厄介だな、と。


>ハクメイとミコチ

自分も何らかのきっかけで存在を知って、1~3巻(当時)をまとめ買いした作品でした。
既刊が数冊出ている作品を揃え始めることは珍しいので、なんとなくですが、記憶に残っていますね。

世界観が読み手に明確に伝わる、想像出来る、魅力的に感じる作品にはなかなか巡り会えないのですが、本作はその条件を全て満たしているんですよね。
特に、絵本の中の存在とも言える小人たちの動く姿は、それだけで穏やかな気持ちになり、まさにゆったりと作品を読むことが出来るのも貴重な存在だと思います。

あ、アニメも丁寧かつ高クオリティに作られていて楽しかったです。
ただ、同時期にゆるキャンが放送されていたことにより、一寸影に隠れてしまったというか、話題をそっちに持っていかれた感が(w;


>キャラ推し

満遍なく好きですが、ハクメイ、ジャダ、鰯谷は特にお気に入りですね。
ジャダはアニメの声がハマリすぎていたので、その辺のポイントも高いな、と。


>2010年代以降のファンタジー漫画の隆盛

昨今はなろう系小説(のコミカライズ)が変な方向で目立ってしまい、異世界と言う名のファンタジー世界が飽きるほど登場していますね。
大体が右に倣え&飽和状態なので、一通りの世界観は出尽くしたと思いつつ、たまーにハッとするような設定が出るのが侮れないジャンルかな、と。

とある漫画で「都合が悪いのは現実だけで充分よ」という揶揄がありましたが、自分も読んでいて滅入る漫画は、いくらクオリティが高くとも、よほど興味がそそられない限り、わざわざ買って読もうとは思わない派です。
もちろん、個人差もありますし、滅入る作品自体を否定する気は全くありませんが、自分は都合の良い作品を読んでいるだけの方が性に合っているタイプです。ええ(w;


余談ですが一部で「汚いハクメイとミコチ」というアレな評価を受けてしまっている「レキヨミ」も微妙におすすめしておきます(w;
それでは、どうもでした~
 

たのしい話をしよう --ハクメイとミコチ談話

 投稿者:残響  投稿日:2020年 3月 8日(日)21時08分32秒
返信・引用 編集済
  こんばんわ、残響です。
(※この投稿のURL記述欄にある、メイン更新サイトのURLを変更しました)

コロナウイルスが世間を神経的に蝕んでおります。ほとんど「社会病」ですね。
また、書道専念第一段を終え、小休止の間をとり、これから第二弾に入られるとのこと。
及ばずながらこちらには不肖わたくし残響も関わっているので、ここであえて秘すというのもアレですが(苦笑)、
しかしBBSカキコの流儀、いにしえのネチケに則り、BBSでのむやみなオレオレトークを制御しながら……


●樫木祐人「ハクメイとミコチ」

※当方のハクミコLV……1巻と2巻を電子書籍、そこから一気に8巻まで物理紙書籍
ワールドガイド本「足元の歩き方」は電子書籍。これからアニメを観ようかと
作者樫木氏の同人時代の東方本は未読

・経緯

作品に触れた経緯から説明しますと、この作品の存在自体は前から存じていて、
それもNagaleさんがイチオシとおっしゃっているのを、日記で長らく読んでいて。
自分もチェックはしていましたが、なかなか手を出さず。
というのも、どうにも「あまりにも自分がドハマりする可能性が高い、自分にとって致死性の作品」の匂いがプンプンしていたからです。
過去にもこういうことはあって、例えば「ハチミツとクローバー」なんかもそれに該当していて。
無論、それは、自分にとって最大級のリスペクト賛辞なんです。

ときに、コロナウィルスで世間がヤラれ、自粛モードになってしまい、
自分が予定していた「静岡・山梨・M3旅行」を、自主的に中止にした次第でした。
しかし自主的に中止にしたとはいえ、悔しいことこの上ないわけです。
テンションをどうにか上げる、せめて落ち着けるため、もう自分を甘やかすか、と、虎の子のこの作品を読み始めました。

で、コロっとハマったわけです。あまりにも予定通りの想定内すぎる。
面白いです。内容が濃いです。読んでいて充実感があります。読後の心地が大変良いです。

というわけで、この作品について語り合いましょう。


・キャラ推し

自分は、ナライ会長なんですね。樫木氏のインタビューであったのですが、
「本当は優しい人なのは最初からわかってるのだけど、安易に甘えられない【圧】がある」
という、樫木氏のリアル知人をモデルにしているキャラ造形ですが、こういう「職人」、確かにいます。
そしてどうにも軽薄な自分は、こういう人に憧れますね。

ときに、すごくどうでも良いネタを思いついたので書き残します。

アイドル衣装を着たハクヨさん「石貫會はーっ!?」
大工ども「安全!迅速!丁寧!」
会場全員「「「仲良しーーーっ!!!(はぁと)」」」


……うわぁ、としか言いようがない。


・キャラその2

しかしこの作品、
「職人気質」というところがかなり重要視されていて、ほとんど誰もが、特定の仕事のプロなんですよね。
しかもスキルは「1個だけ」ではなくて、複数スキルも当たり前で、
さらにキャラの性格に、その仕事に応じたプロ意識が強い。
あやかりたいものです。


・背景

凄いですね。鬼の描き込みですね。それでいてアナログ感が満載というのも素晴らしい。
その背景の緻密さがあるからこそ、次の「こまごまカオス感」の説得力なんですが。

・好きなエピソード

イワシ親方、そしてナライ会長はじめとする石貫會のエピソード(大工話)はどれも好きです。
また、夜汽車のなんともいえないサービスエリア感旅情、よかったです。ゆるキャンの時も同じこと言ってますね自分……w

そもそも、この作品はいろんな町や建造物が、こまごましたカオス感なのですが、
普通なら1作品に1個あれば良いくらいのミニマムカオスさ(九龍城的な)が、複数あるっていうのが凄い。

・ゆったりした世界観

ここまで情報量が多くて、なのに、読後感がとても良い、というのは奇跡。
なにせ、「急ぎたくなくなる」っていう感じになります。
ミニマムファンタジー世界と、この世界の人々にもっと浸っていたい、というのと、
現実リアル日常の忙しない状態の、ちょっとした反省と。

・「漫画」

以前の日記で、Nagaleさんはこの作品を、

「根底から漫画だよな」

とおっしゃっていました。非常に納得です。これが漫画です。これこそが漫画です。
同時に、非常に「絵本的」でもあります。
でも、ミニマム世界のわちゃわちゃした所や、コマ割のダイナミックさも考えると、
やはり生粋の「根底から漫画」であります。

・アニメ

まだ見ていません。しかし上記のように「焦ることはない」と自分に言い聞かせております。
またゆっくりと。例えば1話1話を噛み締めるように


・2010年代以降のファンタジー漫画の隆盛

例えば、この10年で、CG技術の発達にも伴って、「メシ(飯)漫画」が増えました。
「旨そうな書き込み」が出来るようになった、というか。
そして、きらら系以降の「日常系」が、様々な形の日常性と、キャラ関係性を描くようになりました。
その輝かしい例のひとつが、例の△ですね。

この10年のファンタジー漫画の隆盛は、こういった流れを汲みながらのものだと思うのです。
「世界、主人公そのものともいえる緻密な背景」「日常を基本とし、肯定する」「バトルは必須ではない」
「百合文化を踏まえてもいる関係性構築」「日常生活、とみに食事の重視」
つまり、メシ漫画、日常系、「職業・趣味」系の美少女もの、そしてこの「ひと癖ある緻密なファンタジー」漫画。
これらは2010年以降のものと自分は考えていて、しかもその隆盛……少なくとも、漫画シーンの中で、
ハクミコのような作品が、ある程度の重みある存在感を備えているくらいの、隆盛です。
それは、自分は、とても良い傾向というか、俺得だな、とw

・ということで<Nagaleさん

Nagaleさんは、ハクメイとミコチ、どのようにご覧になっていますか?
Nagaleさんがここまで「良い作品です!」と太鼓判を押すのは、
例えば小箱とたん「スケッチブック」並だと思ってるんですよね。
もちろん、通底する雰囲気、作品性を持っていますね。

よろしかったら、語ってみていただけますか。
もちろん、今、書道専念とコロナウィルス世間でお忙しいと思いますので、レスタイミングはお任せします。
それに、ハクミコを読んで、何かを急かす真似っていうのも、それこそハクミコ世界観&哲学に反する行為であるわけですからw


それではまた~

http://redselrla.com/analoghp/index.html

 

2年近く

 投稿者:Nagale  投稿日:2019年 6月15日(土)02時02分49秒
返信・引用
  放置されていたので、掲示板の存在を若干忘れかけていたというオチ。
どうも、Nagale【管理人】です。


●残響さん

>船釣り

2回計画して2回とも駄目だったのは初めてのパターンですね……。
三度目の正直として月末に予定をねじ込みましたが、二度あることは以下略。……サクラマスで満足しておけという啓示なのかなあ(w;


>強引にでも予定を作って

そうなんですよー。
追々予定を立てようか、と思ってしまうと大半が企画倒れになったり何も考えなかったりで大変なことになるのが最近の悩みどころです。ええ。


>漫画

この2ヶ月ほどの間に一部雑誌の定期購読を止め、不定期購読にシフトすることになりました。
経費削減の意味合いもありますが、惰性購入を減らすという面では良い決断だったのかと思います。後は大人の事情が以下略。

>△

アウトドア漫画は元々一定層の需要があったとは思いますが、本作は面白いぐらいヒットしましたね。
書店で一寸興味を惹かれたという衝動的な理由で1巻を購入した立場としては尚更驚きというか、まさかここまでとは……的な(w;


>打ち切り→続刊電子書籍(or個人出版)

稀なパターンとして、打ち切られたのに何故か数年後に2巻が出たという作品(ニーナさんの魔法生活)が最近ありまして(w;
結局、打ち切りということで1巻を処分してしまったので、今更2巻を買うのも何だかなという結論になっていたり……噛み合わないものです。


>創作

作品の提出を一週間後に控えていますが、それが終われば久しぶりの完全オフに。
一昨年の11月からほぼ絶えること無く各種展覧会に向けた作品を書いていたので、秋までは休息を取りたいなあ、と。


>イベント

良いですねー。
実際の移動距離はさておき、やっぱり陸続きというのは便利だよなあ、と思ってしまうのが道民気質(w;

強行軍、良いじゃないですか。無理を出来るうちに無理をしておくのが一番なので、楽しんできて下さい(^^)


良くもわるくも土、日の日程に少し余裕が出来たので、自分も明日(今日)は夜に外で飲んで来ようと思います。
それでは、どうもでした~
 

忙しさと旅情

 投稿者:残響@湿気地方  投稿日:2019年 6月14日(金)19時51分24秒
返信・引用
  こんばんは。残響です。いつもお世話になっております。

>釣り

(日記参照)
ご予定だった出港がおじゃんになってしまって、忸怩たる気分かとお察しします。サクラマスの呪いと名付けましょうか(笑
しかし、どうにも日々のリフレッシュは「強引にでも予定を作って」行わないと、ずるずるグダグダと延期だったり、取りやめになってしまいますね。そんなことをこの残響氏でさえもちょっと悩むようになるくらい、リアル仕事の雑用に日々追われる毎日です。

>漫画「銛ガール」

1巻を買って読んでみました。描写の書き込み、躍動感が凄く。
時折牧歌的な描写が入るのがお気に入り。
しかし潜水&とったどー、は、ちょっと軽々しくは行えませんね、いろいろな意味で(笑
また、アウトドア&食&少女、な漫画が増えて行ってることは、大変良いことかと。というのも……

>△

例のゆるキャンですが。
多面的な魅力を持ったコンテンツだと思うのですよ。このインドア全開な残響氏でさえも、なんかキャンプ道具を揃えたりしましたし。(テント、寝袋、マット、ランタン、小さい鍋、グランドシート、旅行用小型ギター…)
少女の繊細な友情描写もですが、特殊カメラを用いた背景。食。
そして、個人的にこの漫画で気に入ってるのが、旅情……とくに「サービスエリア感」と自分は名付けているのですが、「旅の途中で小休止する時の儚さ」の濃度が、この漫画の場合、さりげなく物凄いと思っているのです。昔からそういう、サービスエリアの儚い旅情が大好きでして……。

>漫画「いそあそび」

えっ、3巻で完結してしまったんですか。もっと続いてもよさそうな漫画だと思っていたんですが……

>本棚整理

そろそろ自分も某新古書店大作戦をしようか……と思いつつ。すでに本棚の整理は破綻しております。
しかし「打ち切り→続刊電子書籍(or個人出版)」というのの世知辛さといったらないですね……。
自分は前にきららで連載されていた「ラストピア」という漫画が好きだったのですが、この漫画すごく地味なのですね。しかし地味だからといって、悪い漫画でもなく。そういうポジションの漫画って、生きづらいご時世なのかなぁ、と思ってしまったり。

>創作

同人音楽即売会・M3が終わって、かれこれ1か月半経ちます。
制作期間中、創作にバーストしまくって……その後、5、6月とフヌケになってしまっていました、この1か月半。
締め切りがないと、「次なる目標」を定めるのって、なんだか難しいなぁ、と今更ながらの思いです。本来なら「セルフ締め切り」に「重み」を自ら抱かないとまずいのにー、などと考えながら今日も手抜きをする。大変よろしくない傾向です。

日々の雑務(リアル仕事)が妙に忙しく、というのが。
で、夜になって、サァ自由時間だ、という時に、ついついストレス解消でゆるくダラダラしてしまう、という。
そんなパターンが出来てしまっているのは情けないのか、それでもこれでナントカなっている、とするべきなのか。あるいはこの雑務の日々でも、ナントカ創作出来てるじゃないか、と認めるのが良いのか。仕事もこなせているじゃないか、とか。

でも……やるからには、もうちょっと上(売り上げとか承認とかじゃなくて、自分で決めたハードルの満足度)を目指したいんですよね……。

ただ、これ、目指したところを満足したら、次はまたハードルを上げてしまって、またグダってしまいそうな予感もするのです。
「いまを満足すること。たのしみ、機嫌よくすること」の難しさといったら……です。


>イベントはやってくる

来週の週末に、大阪まで行ってきます。「音けっと」という同人音楽イベントです。このイベントには2回目の参加となります(新作は出しません)。

それから、数日あけて、今度は
島根→神戸→東京
と、ライヴ観戦で列島横断する、という無茶をします(笑
この旅程で、映画鑑賞や、聖地巡礼もしようと思っていて。

ちょっと強行軍が過ぎるのではないか?と思いますが、それでも、たのしき目標があって、そこに向かって頑張っていく……日々のクオリティを上げていく、ということは、悪いことではないのだろう、と思いながら。

そういうわけで、楽しんできます。
この週末わたくしは、そろそろこれらの旅程の準備をしたり、それに合わせたホームページの更新をしたり、です。
Nagaleさんも、出港は潰れてしまいましたが、何卒英気を養って、次に向けて頑張ってください。

それではまたー。

http://redselrla.com/

 

/38