teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


マガジン46号

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 5月 5日(土)18時22分2秒
編集済
  >ミック博士様
ご返信ありがとうございます!!
さすが、ミック博士様、全く余計な心配でしたね!!!

当掲示板内で、ザ・ローン・レンジャー様が書かれていた「ゴッチのロビンソンに対する執拗な手首クロー攻撃」というのも、このリーグ戦中の一戦で見られたものだったのでしょうか・・???
とにかく、46号が本当に楽しみです!!!!
 
 

Aoki様

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2018年 5月 5日(土)10時37分0秒
  ご心配ありがとうございます。
入稿原稿は修正済みです!
 

>昭和プロレス・マガジン46号

 投稿者:U・M  投稿日:2018年 5月 5日(土)09時00分22秒
  おおおおおおおおおおお!!
国際プロレスのリーグ戦と言うと、IWAワールドシリーズですね!?
これは物凄く興味をそそられます!是非購読させて頂きます!
 

>昭和プロレス・マガジン46号

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 5月 5日(土)06時11分32秒
  この表紙の写真を見ただけで、もう本当に、期待にゾクゾクしてしまいます!!(Feb.2018という文字だけは気になり、ちょっと心配ですが・・。)
とにかく、マガジン46号、本当に楽しみです!!!
 

昭和プロレス・マガジン46号

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2018年 5月 4日(金)19時55分54秒
  昭和プロレス・マガジン46号は5月19日頃完成予定です。
ご予約受付開始いたします。詳細情報はこちら!

http://www.showapuroresu.com/magazine/magazine46.htm

ネイキッドロフトでの昭和プロレス復活祭でも20部販売いたします。
 

>この掲示板に話題にもならなくなった・・・

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 5月 3日(木)19時56分41秒
編集済
  >とおりすがりの様

文学者の友視さんというと、小生など、どうしても年代的に、村松友視さんよりも、むしろ、松村友視さんの方を思い出してしまうのですが、あの村松さんが、久々にプロレス本を書かれていたのですね!!
貴重な情報を 本当にありがとうございます!!!早速、図書館ででも、探してみたいと思います。

村松さんと言えば、以前、テレビで、あの「力道山のプロレスの爆発的人気は、終戦後の日本人の、大きな、にっくきアメリカ人を力道山がやっつけてくれるという・・うっぷん晴らしによるもの・・」という、全く、小生には賛成できない通説(?)を堂々と言っておられましたが、村松さんは、東京で生まれながらも、子供の頃を、確か、静岡の港町だかで過ごされましたので、当時の力道山のプロレスに対する見方も、小生などとは、全く違っていたのかも知れませんね・・???


 

この掲示板に話題にもならなくなった・・・

 投稿者:とおりすがりの  投稿日:2018年 5月 3日(木)13時04分23秒
  「私プロレスの味方です。」を発表され、昭和プロレス称賛された文学者
村松 友視さんが久しぶりにプロレス本「アリと猪木のものがたり」を出されました。

昭和50年頃に初めて 過激なプロレス という言葉を読んだ時、プロレスが過小評価されすぎて
いると嘆いていた自分には大変力強い励ましになりました。

村松氏は、プロレスに全然関心の無かった母も「ああ村松梢風の孫ね」という位ネームヴァリューがあるサラブレットでした。

しかし、今回の本はいまさら「アリ」「猪木」という感じが否めませんでしたが。

昭和プロレス者としては素通りは出来ない文献です。

ちなみに プロレス者(モノ) という言葉も村松氏が最初に使ったと思います。
 

想像する楽しさがありましたね

 投稿者:しょうまん  投稿日:2018年 5月 3日(木)10時23分51秒
  こんにちは♪

当時は少年雑誌に描かれた漫画や劇画を、誰もが信じていたかと思います。
今思い起こせば「ホンマかいな?」というものでしたが、それはそれで少年時代の良い想い出になっているのでしょう。

まいてぃさんからのサンマルチノの画像を見させて頂きました。
全日本の旗揚げ戦(日大講堂)の試合だと思います。
ジャイアント馬場の旗揚げに駆け付け、また引退セレモニーにも立ち合って、サンマルチノの変わらぬ友情には敬服します。

国会で安倍総理が名前を口にしたとのことですが、ミック博士が提供された映像をも見ましたら、本国での圧倒的なカリスマ人気を伺う事が出来、その人間性も絶大な人気を支えた要素だったかも知れませんね。

それはそうと、人間発電所というニックネーム、本人は知っていたのでしょうか。
ビル・ロビンソンは、ニックネームを知った時「私のスープレックスは、風が無くても投げられる」と話していましたからね♪
外人レスラーにそれぞれのニックネームについて、感想を訊きたいものです。
 

>握力の強さ

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 5月 3日(木)06時48分56秒
  >二階指定席C様

なるほど、マス大山の握力の強さというのも、あの「コイン曲げ」の伝説からも、推し量られますね・・。
小生、「コイン曲げ」の方は、全く見たことがないのですが、「牛との対決」は、昭和30年代前半だったと思いますが、確か、テレビで見た記憶があります。 一緒にテレビを見ていた周りの大人たちは、全く闘う気などない牛を見て、がっかりしていましたが、「西部劇のロデオに出てくるような猛牛たちとは明らかに違い、優しい目をした、おとなしい牛が角を折られたりしたら可哀想だなあ・・」と心配していた小生などは、酷いことなど一切やらないでくれたマス大山に、むしろホっとしたのを思い出します・・。 あれは、確か、力道山vs木村戦よりもあとのことだったと記憶していますが、あの頃にはもう、二階指定席C様の言われる「・・喧嘩もしない」マス大山に、きっと、なっていたのでしょうね・・。
 

そうでしたか

 投稿者:王者の魂  投稿日:2018年 5月 3日(木)00時33分51秒
  まいてぃさん。

 そうでしたか!お宝画像発掘とはいかなかったですね。
ありがとうございました。残念でしたが、はっきりして良かったです。

皆さまお騒がせしました。
 

>話ずれて失礼 サンマルチノ

 投稿者:まいてぃ  投稿日:2018年 5月 2日(水)22時13分9秒
編集済
  >王者の魂さん

「RAW」で流されたサンマルチノの秘蔵映像は、写真や試合映像などを5分ほどに編集したもので、馬場さんとの試合は週プロに載ってるあのモノクロの写真のみで試合映像ではなかったです。

https://www.sportingnews.com/jp/wwe/video/wwe-pays-tribute-to-bruno-sammartino/smjeoz0x39bl184ckl9zruvld/48865926d37b
ここで、同じものが見れると思います。
 

話ずれて失礼 サンマルチノ

 投稿者:王者の魂  投稿日:2018年 5月 2日(水)21時06分55秒
  今週の週プロ104P、105PにWWE「RAW」4.23がカラーで紹介されてますが、105Pにサンマルチノ追悼とあり、サンマルチノの秘蔵映像が同大会で流れたらしいが、1枚の写真は、馬場さんをハンマースローにとらえてる画像なのですが、全日本時代・・個人的解釈では、再放映された
ヘーシンクデビュー戦ではなく、旗揚げ戦か、ストに見舞われたWWWF戦あたりではないかと思う
のですが、だとしたら貴重映像だと思います。細かい話ですみません。
 やはり観たいです・・・
 

握力の強さ

 投稿者:二階指定席C  投稿日:2018年 5月 2日(水)13時16分18秒
  >ザ・ローン・レンジャー様 Jumbo Aoki様

私は、以前極真創成期の高弟の方から大山倍達総裁の強さの秘密を伺った事が有ります。
「突きの強さですか?」「違う」「蹴りですか?」「違う」「相手を掴まえて自分の手元に引き付けて殴るための握力の強さだ」という事でした。

後は、功成り名を遂げてからは、一切試合も喧嘩もしない事・・・と続くのですが、ゴッチの強さと大山総裁の強さが根底の部分で繋がっているとしたら、面白いですね。
 

>ゴッチ、手首クロ―

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 4月29日(日)06時15分19秒
  >ザ・ローン・レンジャー様

ありがとうございます!! なるほど、国際をほとんど見なかった小生は、全く、そのことを知りませんでした!!
個人的には、ゴッチの方がロビンソンよりも好きでしたが、なるほど、ゴッチは、そうやって、「柔よく剛を制す」を阻止したのかも知れませんね・・???

あのゴッチが、クライザーとして初来日し、吉村とのシングル戦で激闘を展開し、その吉村を大変な実力者と認めたのか、以後、決して、吉村を自分の弟子にはしなかった・・ことにも通じるものを、感じます・・。
 

ゴッチ、手首クロー

 投稿者:ザ・ローン・レンジャー  投稿日:2018年 4月28日(土)16時40分34秒
    ボクが初めてゴッチを観たのが国際でのロビンソン戦でした。
幼少期ゆえに試合展開など憶えてませんが、ゴッチが両手でロビンソンの手首を握って離さず、ロビンソンが色々試みてもゴッチは手首クロー離さずで血の気を失いロビンソンの手が真っ白になっちゃいました。唯一この場面だけは憶えています。
今思うと45分3本勝負と言うより、卓越した名人同士による45分2度休憩の技術披露会みたいな感じがします。
 

いろいろ雑感

 投稿者:アルゼンチンズマ  投稿日:2018年 4月28日(土)06時40分59秒
  ニッポン放送朝5時からの徳光和夫の番組でサンマルチノや馬場元子さんについてたっぷり徳さんが語りました。佐渡島の薄い電波に耳を立てて拝聴いたしました。

ブルーノ・サンマルチノ!

国会の答弁で今をときめく安倍晋三首相も猪木議員相手の時に名前を出してましたよね。

ミック博士、存英雄様、パソコン音痴(人生も人付き合いも音痴ですが)のズマやっと、東京で大量買いした「昭和プロレスマガジン」のpdfファイルを閲覧することが出来ました!

案外簡単でびっくりしました(笑)。勤め先のお客さんにパソコン講師をやっていた方がおられまして、「アドビリーダー」「アドビリーダー」と唱えながら!

因みに13号を最初に拝読しました!

お恥ずかしい限り、しかし「己の弱い心に負けてはならない!」と開眼できた不肖57の春です!。

よろしくお願いいたします。
 

>カール・ゴッチ

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 4月28日(土)06時36分7秒
  >OnsidekickRecover様

本当に、あの猪木のキーロックを持ち上げたところは、まさに衝撃のシーンでしたね!!!
小生、実は、今も、あの写真を切り抜いて団扇に貼って、毎日、使っています・・。

数年前に、某専門誌の中で、ゴッチの若き日々を詳細に調べ上げ紹介した記事が掲載されていたのを読み、小生、初めて知ったのですが、ゴッチは、当初は、欧州で、アマレスラーとしてよりも、ウエイトリフティングの一流選手として有名だったようですね。 あのとてつもない怪力ぶりにも、「なるほどなあ」と、納得が行きました・・。

昔、リキパレスで、ゴッチを初めてナマで見ました時に、腕力で相手をねじ伏せてしまうような、そのあまりに凄まじいパワーに、「ゴッチって、力が強いんだよな・・。」と実弟と話していましたが、プロレスラーとしてより、むしろレッスンプロと呼びたい存在だった後年は、そのパワーよりも、むしろ関節技を主体としたテクニックの方を大事にしていたような気がします・・。 実際のところ、力は、さらに力の強い相手にかかれば、ねじふせられてしまうでしょうが、こと関節さえ決めてしまえば、どんなに力の強い相手でもコントロールできる・・という考え方だったのではないでしょうか・・???  もとより、そんなゴッチにとっては、相手のバックを取っただけで相手をコントロールしたとみなすような、アマレスなどは言わば論外の存在だったのではないでしょうか・・???
 

カールゴッチ

 投稿者:OnsidekickRecoverメール  投稿日:2018年 4月27日(金)22時33分26秒
  チャンピオンの分類ですが
私はカールゴッチはイメージとは違ってテクニシャンよりはパワーファイターに
分類されると思うのですが、いかがでしょう。
猪木のキーロックを持ち上げたところなど典型だと思います。
 

レスラー分類

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 4月27日(金)18時52分57秒
編集済
  >通りすがり様

ご丁寧なレス、ありがとうございます。

今まで、小生、梶原さんの3種類の分類論なるものは、恥ずかしながら、知りませんでした・・。
元より、小生もレスラーが3分類できるなどとは思っていませんし、ことチャンピオンだけに限ってみても、そんなこと言ったら、肝心の力道山や猪木が、どこにも入らなくなってしまいますよね!!

やっぱり、梶原さんって、小生には、どうにも理解できない存在のようです・・。 生意気を言って、すみません!!!
 

チャンピオンを3種類に分ける。つまり、ああ

 投稿者:通りすがり  投稿日:2018年 4月27日(金)16時35分45秒
  Aoki様。

貴公の説は、懐かしい昭和プロレスの原点論の一つですね。
チャンピオンを3種類に分類する。

1)テーズ、ファンクJR、オコーナー ゴッチ タイプ
所謂 テクニシャン
2)サンマルチノ、ホ-ガン、ストロング小林 タイプ
所謂 怪力レスラー
3)ロジャース、ニック、ブラッシー タイプ
所謂 キザ反則ダーティチャンプ

これって完全に

故梶原一騎師

の論じたレスラー分類ですね。
そしてその究極に  ミラクル3。

私は50年近く前にこのレスラー分類を完全信じて、微塵にも疑っていませんでした。

平成のファンに話したら、鼻で笑われるかな?

Aoki様は梶原一騎師が好きでない様ですが、分類論は否定できないのかな?(笑)
 

レンタル掲示板
/351