teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


藤波伽織さん

 投稿者:RSD  投稿日:2021年 5月 7日(金)22時07分11秒
  >水戸マスカラス様
 はじめまして、かおりさんの出演した番組と内容をコメントしていただきありがとうございます。
 ビルロビンソンが好きということは、以前、伽織さんのブログで読んだことがありました。ただ、その時は、ロビンソンさんの死去のときの追悼的な内容でしたので、ある意味、リップサービスかな?7というつもりでよんでおりました。ただ、他の番組で言及されて
いるということは、これは、本物(失礼!)だ、といまさらながら認識いたしました。

う~ん、伽織さんが花束嬢でしたら、ロビンソンと藤波のどちらに花を渡したか?
想像したら、笑ってしまいました。ロビンソンの紳士的?なKISSねえ。。むふふ。

かおりさんは、藤波が腰痛の長期欠場からの復帰時に、藤波辰巳から藤波辰爾に改名
したときに、縁起をかついで、かおりから、伽織に改名したと聞いています。いい奥さんですね。デビュー50年の藤波が、こんなに長く現役をやってこれたのも、奥様の功績が大きいといわなくてはなりませんんねえ。ありがとうございました。

なお、藤波さんのデビューの頃の、つまり「日本プロレス」のパンフレットをずらりと並べた、すげえブログを発見しましたので、みなさま、興味のある方は、どうぞ。
「エコケーンさんの日記」というブログです。」

https://ameblo.jp/osakaeco/image-12672970800-14937988895.html

 
 

試練の十番勝負

 投稿者:道路ブレアース  投稿日:2021年 5月 6日(木)20時57分4秒
  ジャンボ鶴田試練の十番勝負、昭和53年に一試合も組まれずにいきなり54年早々に十番目としてエリック戦が来たのは不自然といえば不自然なんですが、妄想するにオールスター戦のせいかもしれませんな。

つまりですね、オールスター戦の組み合わせを決める時点で鶴田の十番勝負が終わってなかったら、まず間違いなく「ちょうど鶴田の十番勝負も残り1戦だし最終戦の相手はオールスター戦で猪木か坂口と」てな声が出ると思うんですわ。ファンは勿論、下手するとマスコミや新日本からも。そんな話が出て来たら「実現した場合、鶴田の勝ちはさすがに難しいだろうから最終的に馬場が出て行く羽目になる」「かといって猪木VS鶴田だと『過去のいきさつ云々』の手が使えない」というわけで馬場としては大いに困るので、そそくさと十番勝負を終わらせておいたんじゃないかと。

すみません完全に妄想です(笑)。

そうそう、戸口の猛虎十番勝負が実現した場合、鶴田と違って普通にドリーが出て来てドリーが勝ちそうな気がしますね。
 

猛虎10番勝負

 投稿者:U・M  投稿日:2021年 5月 5日(水)20時36分10秒
  エンリケ明治さん

戸口の猛虎10番勝負ですが、自分的には是非マスカラス戦を組んで欲しいです!
当時は既に下り坂に差し掛かっていたとは言え、「あの」マスカラスに対し、
戸口がどこまでやれるか、或いはマスカラスがどこまで自らのアイデンティティーを
保てるか、なかなか興味深いと思います!

その他のマッチメイクとしては、スレーター、ブロディ、リッキー(スティンボート)
大木、レイス、ワフー、天龍、そしてサンマルチノ、馬場をチョイスしたら
なかなか面白い物になると思います!
 

訂正とお詫び PWFまでの道

 投稿者:なんとなくの記憶  投稿日:2021年 5月 5日(水)18時05分31秒
  >無冠の馬場さんに力道山家に伝わるベルトを譲る条件として「強豪10人に勝つこと」だったような記憶があります。
これは誤った記憶でした。昭和48年2月号「ゴング誌」に以下の記事がありました。

この大問題が最初に提起された時、馬場は記者会見の席上ではっきりこういった。(中略)
「私だってやる以上それだけの事を考えていますよ。最低4人、いや6人の世界的な強豪を破らねければ、このベルトを巻きません。そえをはっきり約束します。」(中略)
しかし、もし一回でも負けたら、その場でベルトを相手にとられてしまうという約束をしているのだ。

そういうことだそうです。
私の記憶というものは、アイマイなものです。
 

タイガー戸口の猛虎10番勝負?

 投稿者:エンリケ明治メール  投稿日:2021年 5月 5日(水)10時39分51秒
  キムダクが大木金太郎に反旗を翻しタイガー戸口にリニューアルして全日本入団したことが有りましたが!確か1979年夏だったと思いますけど。彼のパーソナリティでは長続きしないのが明白でしたが?もしジャンボの二番煎じで企画されたら、誰がリストアップされたでしょうか?ドリー、マードック、ブッチャー、カマタ、レイス、ブロディ、マクダニエル(これは名勝負)、ラッドそして鶴田、大木辺りでしょうか?意地悪なG馬場は勝ち越しを許さなかったでしょう!  

試練の10番勝負、対戦相手

 投稿者:ブチ  投稿日:2021年 5月 4日(火)21時03分52秒
  9戦から10戦までのブランク。
エンリケ明治さんの説、私はもう少し悪く解釈しています。
「このままとぼけて終わらせる」
は言い過ぎでしょうか?

相手がいなかった、探しても限界があり。
面倒くさいから放置していた。
これくらいは間違いないのではないでしょうか?

大木はまあ相手としてはいいと思いますが、9戦は遅すぎると思います。
大木がヒールになる前でないと。

まあ、これは仕方ないかも知れませんが、私は「試練の」と謳っている以上、負けがこんでもよかったと思います。
鶴田が若いうちであれば。

あの最後の頃は、大木やエリックに負けるわけにはいきませんものね。

あれでは本末転倒、試練とは思えないカードだと思います。
 

謎のブランク1年半?

 投稿者:エンリケ明治メール  投稿日:2021年 5月 4日(火)09時12分29秒
  ジャンボ鶴田の試練の10番勝負ですが。多分、ミック博士も突っ込んでいるはずですが、第9戦大木金太郎から最終戦FVエリックまで1年半も空白があるのがおかしいのですよ?私は只、全日フロントが忘れていて気がつかなたったと推測しています!現在の様なネット状況で有れば違っていたはずですが…アンケート投票で上位だった馬場、ドリーには勝利で締める事が難しいし、猪木、アンドレは無理でしたから!その間、
Wマクダニエル、Kパテラ、Dマードック、Rフレアー、Nボックウインクル辺りが来日していたのでエリックよりWマクダニエルが適任だったと思います!2フォール勝ちも問題有りませんし!勝ちに拘らなければ全日初来日のNボックウインクルが最高のカードでしょう!最強タッグリーグと被っていたのが残念でしたけど!例のクリステイラーより当時のバリバリのNWA王者次期候補Rフレアーの方が記録上も良かったと思います!青森のド田舎が会場では絵になりませんし新日本ファンに笑われますから。
 

藤波さん、ノメリーニ。

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2021年 5月 4日(火)06時51分8秒
  かおりさんと藤波さんには、握手して頂いたこともありますが、本当に良いご夫婦で、まさに絶妙のコンビでいらっしゃるように感じたものです・・。藤波さんご夫妻は、あのロイウッズさんのことも高く評価しておられますよね・・。

ノメリーニは、体格は素晴らしかったように記憶していますが、テレビでも放映された、あの対マイヤース戦を見て、むしろ、押され気味だったのに、幾分、意外な感じがして、少しガッカリしてしまいましたのを思い出します・・。
 

5月のスターはノメリーニ

 投稿者:U・M  投稿日:2021年 5月 4日(火)05時42分45秒
  第2回ワールドリーグ戦で行われた、ノメリーニVSマイヤース戦が載ってるプロボク持ってますよ!
グラビアを見る限り、ヘビー級のノメリーニの方が若干優勢だったみたいですね。
後、この大会でノメリーニは珍しく比較的ショーマン寄り?のホンブレ・モンタナとタッグを
組んでたみたいですが、意外とウマが合ったのでしょうか?
 

夢の藤波対ロビンソン戦(寝屋川大会)?!

 投稿者:水戸マスカラスメール  投稿日:2021年 5月 3日(月)07時17分44秒
  昨夜のラジオ日本「真夜中のハーリー&レイス」をお聴きになりましたか?ゲストが藤波夫人のかおりさんでしたけど。いやぁ聴いてて楽しかったのです!最近あの番組は充実してますね!タイガージェットシンの時はいまいちでしたがゲストも変に偏らずコアの昭和プロレスファンにも聞き応えが有ります!まさかかおり夫人がロビンソンファンとはビックリしました!他のレスラーには目もくれず大阪スポーツも読んでいたと言うことです!と言うことは昭和43年からの国際プロレスを視聴していたはずです!ロビンソンが新日本の常連だったら藤波とのドリームカードが実現していたのですから夫人はどちらを応援したのでしょうか?花束嬢として両者に贈呈していたら大ウケだったでしょうがロビンソンが夫人の手を取りお馴染みのキスをするのを藤波がどんな顔で見つめるか、妄想しました?  

5月のスター

 投稿者:赤潮太郎メール  投稿日:2021年 5月 1日(土)22時58分58秒
  タックル王 レオ・ノメリーニは1960年たった一度の来日なので、この写真は貴重。
1985年頃はベイエリアでAWAのプロモーターをやっていたはず。プロレス入りに後押しして
くれたバーン・ガニアに最後まで忠義を尽くしたのか。
しかしその数年後にはWWFの侵攻によりAWAは崩壊。
 

ブル・カーリーが担いだドラム缶

 投稿者:君、知り給ふや  投稿日:2021年 5月 1日(土)13時07分36秒
編集済
  ネット通販(オークション)でレスリングレビュー1962年8月号を購入しました。
そこには「ジャイアント台風」で読んだブル・カーリー対ジャイアント馬場戦にでていた、ドラム缶の写真がでていました。
「ジャイアント台風」ではドラム缶の中は、なんとセメントでした。あんな重いものを担げるものか?...となんとなく感じていましたが、セメント・マッチへのオマージュだったのでしょう。

レスリングレビュー誌では、アルバート・トーレス戦で、ドラム缶は、ゴミ箱でした。
When Curry picked up a fully-loaded trash can and got set to throw it, everybody in the arena dashed for cover. "It was an A-Bomb was about to got off," said one spectator. とあります。
「ゴミがいっぱい入ったゴミ箱をブル・カーリー持ち上げて投げつけたので、会場の全員が逃げまどった。観客の一人は、原爆が落ちたようだと言っていた。」
 

市民権

 投稿者:バーバー  投稿日:2021年 5月 1日(土)10時16分52秒
  プロレス市民権自体はいいんですけどね。でも「世間の、プロレスは八百長という偏見と戦う」という猪木の主張はちょっと、それは偏見とは違うと思ってましたねえw
それを堂々と言える猪木の思考回路もなかなか凄いですけど。
 

ビッグコミック・スペリオール

 投稿者:未定  投稿日:2021年 5月 1日(土)05時55分14秒
  初めまして!
皆さまの熱いトークに入りたいと思いつつ、濃さにおそれをなしています。
でもこのネタだけは急がないと。
発売中の「ビッグコミック・スペリオール」誌10号の86頁をご覧ください!
よろしくお願いします!!
 

5月のスター

 投稿者:道路ブレアース  投稿日:2021年 4月30日(金)19時47分41秒
  タックル王レオ・ノメリーニと来ましたか!しかしこれはまた渋い中年に化けましたねえ……。  

55号

 投稿者:赤潮太郎メール  投稿日:2021年 4月30日(金)11時11分47秒
  昭和プロレスマガジン 55号(コント55号 古いか、でも昭和の日翌日だから許してね)
おめでとうございます!  表紙のクリステーラーいい写真です。
いつも密に期待しているのが裏表紙! これはまだ公開していないので到着が楽しみです。

ミック博士! 裏表紙は5月一杯は公開しないで購入者だけの楽しみにしておいてね。
 

プロレス市民権

 投稿者:道路ブレアース  投稿日:2021年 4月30日(金)07時59分34秒
  ありましたね、プロレス市民権。

馬場派からするとこれはいかにも猪木的な発想で、馬場の「常人離れしたゴツイ男のぶつかり合いがプロレス」というのからは良くも悪くも出て来ませんからね、プロレス市民権。なにしろワタシは、三沢の脳天受身や大仁田の電流爆破は馬場のプロレス観を普通の体格の人が受け継いで自分でやろうとしたらああなったんじゃないかと邪推してるぐらいで。
 

水戸マスカラス様へ

 投稿者:西園寺博継メール  投稿日:2021年 4月29日(木)18時01分34秒
  プロレスに市民権を!…と言う言葉からコンプレックス丸出しですが、当時の猪木はトレーニングを重ねてプライドもあったので、そんな言葉を発したんだと思います。
あと、プロレスの裏を守り、業界と一緒にデタラメな報道を流し続けたプロレスマスコミは時代とはいえ、報道や記者の正義を全く感じられない凄い世界だったと思います!
 

「プロレス」に「市民権」をって?!有りましたネェ。

 投稿者:水戸マスカラスメール  投稿日:2021年 4月29日(木)06時31分37秒
  アントニオ猪木と新間寿でしたか、良くそんな神々しいフレーズを訴えていましたけど?お二人は、キラーカーンがyoutubeで、八百長を堂々と語っているのをどう捉えているのでしょうか?カーンは良く吐露してくれました!(拍手) 。ミスター高橋の10倍の説得力が有ります!G馬場はそういうテーマには敢えて無視していましたが当時は迷惑千万だったはずです!彼はプロレスの馴染みの記者しか受け付け無かったのですからそんなファジーなスポーツに市民権なんて縁の無い事ですから?昭和55年頃までは良くデイリー、スポニチもプロレスを扱ってくれましたよね!皆さんのご意見をお聴きしたいのです。  

昭和プロレスマガジン55号

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2021年 4月27日(火)22時01分2秒
  昭和プロレスマガジン55号ですが、初回予約分は完売しましたので
予約受付は終了します。
製本余剰が出た場合は、改めてお知らせします。
 

レンタル掲示板
/422