teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


RE: F美さんのこと2

 投稿者:ヘザー  投稿日:2012年 6月 2日(土)13時02分38秒
返信・引用
  ある応援者さま

おっちょこちょいの性格から、また頂いたメールを見逃していました。
遅くなりまして申し訳ございません。
すっかり夏らしい様子になって参りましたが、例年に比べて天気が変わり易く気象予報士泣かせの毎日が続いておりますね。
体調を崩されたとのこと、その後いかがでしょうか、お見舞申し上げます。

F美さんのブログに、あなた様からのコメントを読まれたことが書かれています。
きっと、今回のコメントも読まれていることと思います。
お母様の葬儀に出られなかったことは、さぞや残念で悔しかったことと同情致します。
おそらくF美さんも何らかの形でお母様の御供養をなさっていらっしゃることと思います。
お母様のお力添えで、これからは女性として逞しく生きられることを私も願っています。

私は男だった時に両親を亡くしています。
親の存命中は、どうしても女になることに踏み切れませんでした。
男として両親を送りだしたことが、せめてもの親孝行だったと思っています。
でも、ひょっとすると母は気付いていたのかも知れませんね。

私も鏡を見る度に、母に似てきたことに驚くことがございます。
男時代にはそれほど感じなかったのですが、顔の肉付きが女性的になってから、母に似ていることを強く感じるようになりました。

私も母と同じように、間もなく痴呆症にかかって何も判らないまま旅立つのでしょう。
でも、女として死ぬことができるということだけでも幸せと思わなければなりませんね。

これからは益々暑さに向かいます。
どうぞご自愛ください。

ヘザー

 
 

F美さんのこと2

 投稿者:ある応援者  投稿日:2012年 5月20日(日)14時57分40秒
返信・引用
  ヘザーさま

いつもヘザーさんのブログを楽しみにしております。微に入り細に入り、話題
を展開され、学ぶことがとても大きいです。きっと男性時代よりも自然や環境
に敏感になられたのではと思います。季節は新緑眩しい時となりましたが、過
日の竜巻といい、今年の夏が心配です。私は「ナントカの予言」をノストラダ
ムス以来、信じていませんが、文化文明がいきづまり、自然災害が増え、人間
の歴史に何かありそうだと予感めいたものを感じます。健康だけには気をつけ
ないとと思っているやさき少し体調を崩しました。ヘザーさんもどうぞ健康に
お気をつけ下さい。
ところでF美さんです。応援者の私には、お母様が亡くなられたことがとても
ショックでした。心からお悔やみ申します。葬儀にも出られず、夜中にそっと
実家にもどってお線香をたむけたF美さんの気持ちを思うと胸が張り裂けそう
です。死別はどの親子にもおとずれますが、別れ方で人生がわかる気がします。
今は仕事といいますか、以前の生活にもどられたようですが、タンスの上に母
上の形見とお水を置いて、仏壇がわりに祈られれば少しは心が落ち着くでしょ
う。それもままならないようならば東京の方向に向いて拝むだけでも違うはず
です。F美さんは母上の顔に似てきたとのこと。きっとF美さんは女性になるこ
とが運命づけられていたのでしょう。今の状況を受け入れ女として生きていく
覚悟ができた証拠かもしれません。ここまできたらその世界で名を残すくらい
のことを考えましょう。性転換して、◯姉妹のように文字通り高級娼婦となり、
政界や財界と人脈をつくるのも良いでしょうし、背中に背負った刺青をもっと
大きくして気概を示すとか。太ももに赤いバラは似合うと思います。勝手なこ
とを書きましたが、応援者が一人いることを忘れないでください。
 

RE:F美さんのこと

 投稿者:ヘザーメール  投稿日:2012年 2月24日(金)21時24分34秒
返信・引用
  ある応援者さま

こちらの掲示板が風雨に曝されている状況のため、あまり立ち寄ってご覧下さる方もいらっしゃらないと勝手に思い、見過ごしてしまいました。
お詫び申し上げます。

過分なお褒めの言葉、恐縮に存じます。
また、私の拙い文をお読み頂いておりますこと、お恥ずかしい次第です。

私もF美さんには少なからず興味をもって毎回読ませて頂いております。
彼女の日記の中で私のことに触れられ、過大評価されているのを拝見しますと、赤面の至りです。
F美さんは、私とは目的が違ってはいましたも、私たちは元男という過去を背負って、女としての人生を精いっぱい生きていこうと努力していることに変わりはありません。

あなたさまのような、ご理解のある応援者の方がいらっしゃるということは、彼女にとりまして大きな励みになることと思います。

F美さんが私の掲示板をご覧になれないことを懸念致しまして、あなたさまからのコメントはF美さんにお伝え致す所存です。

これからは掲示板を頻繁に覗くつもりですので、どうぞ宜しくお願い致します。
 

F美さんのこと

 投稿者:ある応援者メール  投稿日:2012年 2月20日(月)14時47分12秒
返信・引用
  ヘザーさん、こんにちは。
いつもヘザーさんの豊富な知識とご経験や語学力、そしてSRSへの情熱に感心しながらこちらにお邪魔して
いる者です。今回はリンクを張られている間久津さんのサイトに登場する「F美さん」を応援するために書き
こませていただきます。

間久津さんはF美さんに自分の境遇を受け入れなさいとお伝えです。現状を考えればそれも仕方がないことと
思います。しかし、「超高級シーメール」といくら持ち上げても、作り上げられ洗脳された性奴隷、性玩具に
はかわりなく、ご本人に多少のスキがあったとはいえ、家族を奪われ、仕事も奪われ、人生をめちゃくちゃに
されて、一定の人間の性的おもちゃにされ、性奴隷、娼婦にされる理由は全くないはずです。それが裏社会な
のでしょう。救済される道はあるはずです。しかし、今、もうF美さんはそこで生きていくしかない。涙と引
き替えに快楽を得、背中に大きくであろう弁財天の刺青を彫られ、生きる場はほかにほとんどないといえます。
加えてお書きではないけれども相当のバンスも背負わされているはずです。足枷手枷で行き場は今は残念にも
ないと言わざるを得ません。
 今は虐待はない、とのことですが、本質的虐待は、虐待と思わせず虐待することです。注意すべきです。
健康をくれぐれも大切にされ、今の暮らしをエンジョイされることをせめてのぞみます。快楽の前にはすべて
は無力でしょう。そう思います。でもその快楽を支配しているダークサイトな理性や計算があることも事実で
す。それを味方につけることです。
F美さん、応援しています。
 

SRSの動画の件

 投稿者:ヘザーメール  投稿日:2011年10月21日(金)11時44分47秒
返信・引用
  ローダさん

早速、この動画を見てみました。
私は血が苦手なので、自分の手術はおろか、他人の手術でも見るのは怖いのですが、この動画ではあまり血は流れていませんね。
もっとも、自分の手術の時は完全に眠っていましたから全く憶えていませんが…
時間がとれた時に、説明を読んで翻訳してみたいと思っています。
暫くお待ち願います。
 

(無題)

 投稿者:ロ-ダ  投稿日:2011年10月20日(木)22時59分3秒
返信・引用
  ヘザーさんへ、SRSに関する画像ですが、この映像はMTFの手術方法としてはとても判り易い方だと思います。しかし、英語が解りませんので画像でしか判りません。英語の堪能なヘザーさんなら、詳しく説明できるのではないかと思い、ご紹介させていただきます。
SEX CHANGE
http://www.youtube.com/watch?v=sQK_CVTQEZM&feature=related

亀頭にメスを入れて、膣となる陰茎の表皮と亀頭陰茎組織を分離する部分はこうなっていたのですね。(切り離して上下にピストン運動しています)
2:11秒あたりは亀頭を切り裂いて、クリトリスを作っているのでしょうか?
そして、3:50~5:15秒あたりなのですが、膣となる表皮を縦に薄くメスを入れ、薄く剥ぎ、そして海綿体を抜いた陰茎組織と神経、血管?だと思うのですが、この膣となる表皮と一緒に縫い合わせて膣を作り上げています。
これは私にとっては新しい発見でした。今まで私はペニスの表皮、神経、血管のみが新しい女性器として内部に押し込まれ、大腸に縫い合わせているのかな、と考えていましたので・・・
映像がいつのものか不明なので、手術方法が新しいものなのか、古いものなのか解りませんが、とても参考になりました。
 

RE:はじめまして

 投稿者:ヘザーメール  投稿日:2011年10月20日(木)17時44分32秒
返信・引用
  みつよさん

お立ち寄りと、私のブログへのコメントありがとうございました。
拙い日記ですが、おひまなときに、またお立ち寄りください。
 

はじめまして

 投稿者:みつよ  投稿日:2011年10月16日(日)22時55分15秒
返信・引用
  初めて寄らせていただきました。
よろしくお願いします。
 

RE:ご報告です

 投稿者:ヘザーメール  投稿日:2011年 9月 6日(火)22時03分3秒
返信・引用
  ローダさん

貴重な情報をありがとうございました。
寡聞にしてこのサイトを知りませんでした。
早速拝見しましたが、驚きの連続でした。
その一部を日記に書かせて頂きます。
また是非とも、いろいろな情報を教えてくださいね。
 

ご報告です。

 投稿者:ロ-ダメール  投稿日:2011年 9月 4日(日)09時57分37秒
返信・引用
  ヘザーさん、おはようございます。
ご存知でしたらすみません、ブラジルの元男性達があまりにも素晴らしいので。

№1~10までありますが、本当に元男性なのかなあ?

http://www.youtube.com/watch?v=CvvIxFxgldI&feature=related
 

レンタル掲示板
/3