teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


1.14藤波辰爾vs木村健悟スーパープレミアムトークバトル!

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2017年 1月 9日(月)16時59分39秒
  いよいよ今週末!わが盟友・利根川氏率いるチームフルスウィングが放つ豪華イベント!「1.14藤波辰爾vs木村健悟スーパープレミアムトークバトル!」詳細はチームフルスイングのブログより!#昭和プロレス

http://teamfullswing.ocnk.net/diary-detail/15

 
 

ローン ホーク 続き

 投稿者:神無月十四郎メール  投稿日:2017年 1月 9日(月)14時47分14秒
  写真の解説も書いておきます

●これがズールの切り札?B・ブラジル以下黒人レスラー共通の痛烈な石頭爆弾が炸裂
●シンの尖兵として格好の存在。反則もシンと五十歩百歩の悪どさ
●トップロープを利してエプロンから首筋へ死のジャンピング・ネックブリーカー
●いくら小兵といえども星野を軽々と抱えあげコーナーポストに直撃
●怪力も並みはずれたものがある。弾丸小僧星野をベアハッグでグイグイ締めつける
●エアプレンスピンで猪木を振り回し、マットに叩きつけるM・ズール

この2ページを見る限りにおいては
BNアレンとはいかないまでも、SDジョーンズ並みには活躍していたと思われます。
 

ヘラクレス ローン ホークについて

 投稿者:神無月十四郎メール  投稿日:2017年 1月 9日(月)14時32分1秒
  初めて投稿させていただきます。
年月も経ち、既知の事かもしれませんが、書かせていただきます。
昭和プロレスファイル NO.3 に掲載されている ヘラクレス ローン ホーク に関して。
月刊プロレス 1975年 4月号のモノクログラビア2ページにわたってホークの活躍ぶりが
掲載されております。

T・Jシンの尖兵 黒いアポロ マグニィフィセント・ズール

新日本プロレス「ビッグファイトシリーズ」には、あの狂える猛虎T・Jシンを筆頭に5人の猛者どもが殴り込んで来たが、中でもシンの尖兵として猛威を振るう「黒いアポロ」マグニィフィセント・ズール。シンのそばに影の如く寄り添うこの男、抜群の肉体美と怪力殺法を軸に日本陣営を震撼させている。黒人特有の頭突きは中でも強烈で、猪木、坂口の黄金コンビもほとほと手を焼いている。
 

昭和プロレスマガジン41号予約開始!

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2017年 1月 7日(土)17時45分31秒
  お待たせしました。昭和プロレスマガジン41号の原稿は本日入稿!
1月20日ごろ完成予定です。本日よりご予約賜ります。

■特集■ ジュニア・ヘビー級クロニクル 第2章
Part1 日本ジュニア・ヘビー級史 第2章
Part2 ジュニア・ヘビー級タイトルマッチ全記録(昭和55年~56年)
Part3 NWA世界ジュニア・ヘビー級王座変遷史
Part4 NWA世界ジュニア・ヘビー級チャンピオンベルトの検証
Part5 続・ジュニア・ヘビー級レスラー名鑑


■連載■
ねひつじのビデオ観戦記「藤波辰巳 VS 阿修羅原」
存英雄のプロレスムービー発掘所
 第3回「フランケンシュタイン」1931年映画版&1957年TV版
コブラのスーパーテーマ曲列伝 「藤波のテーマ・3つの謎!

注文方法は下記URLをご確認ください!

http://www.showapuroresu.com/magazine/index.htm

 

>謹賀新年

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2017年 1月 1日(日)15時18分36秒
編集済
  ミック博士様、皆様、
明けましておめでとうございます。
本年も どうぞよろしくお願い申し上げます。
 

謹賀新年

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2017年 1月 1日(日)11時36分1秒
  昭和プロレス・ファンの皆様

あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
今年も昭和プロレス研究室をお引き立てのほど、よろしくお願いいたします。
 

re: 昭和プロレスマガジン40号

 投稿者:S・O  投稿日:2016年12月30日(金)19時21分49秒
  昭和プロレスマガジン40号、店頭在庫のみということでおめでとうございます。
夏以降バタバタしておりまして、ようやくこの年末にいたってマガジンもじっくり読むことができました。

ミック博士と存 英雄さんによる「人間発言所」がひとまず終了とのこと、毎号楽しみにしていたのでとても残念ではありますが、また新しい展開が期待できそうですね! 存さん、長い間お疲れ様でした。

こんな可愛いイワン・コロフ見たことない、という素晴らしい表紙に続き、圧巻のグラビアページ! 当然のことながら初見の写真ばかりで堪能いたしました。
読みながらいろいろ思い出したのですが、鈴木利夫リングアナの独特のコールと聞いて、私もモノマネで「赤コーナー! 260ポー、パンドラッシャー木村あぁ~」とやってクラスで鉄板ネタにしていたのですが、当時不思議と雑誌などでお名前を拝見したこともなかったのですが、あれも鈴木さんだったのでしょうか。

それから阿修羅・原はいつごろからスランプに陥ってしまったのか、藤波戦の頃はまだ国プロが危機だったという噂もなかったと思うのですが、なぜあの時期に藤波と戦わなければならなかったのか、黒のトランクス姿で、しかもフィニッシュが三角締めという地味な技だった事とか、いまさらながら謎めいた印象があります。

スネーク奄美さんについては、脳腫瘍で亡くなったと聞いた時、私は幸運にも8・26を観戦できたのですが、あの荒川真戦の最後、急角度のバックドロップでフォール負けしたあと、頭を押さえながら健闘の握手の時にもモウロウとしていて、直後にサードロープのところから尻モチをつくようにもんどりうって再び頭から転落してしまうほどのダメージだったので、あの一戦が原因ではなかったのかと背筋が寒くなったことを思い出しました。
もっとも、奄美選手のエプロンから転落、というのはあの日に限らず、わりとお馴染みのシーンだったとも聞いたことがあるのですが。

発言所でも言われていますが、ブルース・リー映画のごとく、今後何度も “最後の” を冠する国際プロレス特集、楽しみにしております(笑)

 

2.26昭和プロレス復活祭

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2016年12月30日(金)16時26分9秒
  2.26昭和プロレス復活祭、絶賛前売り中!

http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/55124
 

日プロ

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2016年12月27日(火)09時05分52秒
編集済
  永源さんが日プロ入りされたのは、猪木さんが東プロから日プロへ復帰された時だったことに間違いないと思うのですが、当時、東プロの試合を全く見ることができなかった小生は、猪木さんのことを見たくて見たくて、実に一生懸命、日プロを見ていた時期でした・・。

今も思い出すのですが、昭和42年ごろ、後楽園ホールへ、オルテガやタンクモーガンらの暴れぶりを見に行った時のことですが、このときは、馬場さん、猪木さんのほか、確か、大木さん、高千穂さん、小鹿さん、大熊さん、松岡さん、林さん、珍さんらも出て来られたような記憶があります。 まさに、日プロの「黄金時代」だったのですね・・。

会場では、ほかに、草津さんと杉山さんをお見かけしたような記憶があるのですが、お二人とも、試合には出られなかったような気がします・・。 今思えば、お二人とも、国際(TBS)への移籍を、既に決めておられた時期だったのでしょうね・・??
 

昭和プロレスマガジン40号

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2016年12月26日(月)19時35分25秒
  昭和プロレスマガジン40号ですが研究室在庫分は完売いたしました。
代理店様にはまだ在庫がございますので、お問い合わせの上、ご購入下さい。
 

第13回Wリーグ 永源・デスト

 投稿者:二階指定席C  投稿日:2016年12月20日(火)20時39分47秒
  皆様の書き込まれた永源選手と、デストロイヤー選手の絡みについて思い出すまま書いてみます。
第13回ワールドリーグ戦初戦、公式戦のG・馬場VSザ・デストロイヤー戦は、絶好調のデストロイヤーが、馬場を翻弄して終始優位に試合を運んでいました。流血した馬場を場外に叩き落しやりたい放題の大暴れ。返す刀でセコンド陣にも殴る、蹴る、鉄柱にぶつける。ダウンした馬場をリングに担ぎ上げ、とどめとばかりにリングインしようとした瞬間、突然息を吹き返した永源が、「畜生、この野郎」と大声で、叫びながらデストロイヤーの後頭部に、イスで一撃を加えました。リング下に昏倒したデストロイヤーはそのまま起き上がれず、リングアウト負けになりました。
訳が分からず、レフリーに抗議するデストロイヤーのもとに、外人レスラーが集まり、キラー・カール・コックスが、手真似で頭が坊主でもみあげを伸びた仕草で犯人を教えて、追いかけっこが始まりました。
その後、大木金太郎戦でも場外で永源を見付けて絡んでいるうちにリングアウト負けを喫しています。
 

12・17イベント終了

 投稿者:コブラ  投稿日:2016年12月19日(月)19時57分33秒
  「昭和プロレステーマ曲史論1981」にお越しの皆様、ご来場ありがとうございました!
ちょうどフルハウスということで、今年2月から始まった私のテーマ曲イベントは3回とも満員をマークさせていただきました。
ひとえにご来場いただいたお客様方のお陰でございます。

また来年も開催しますので、よろしくお願い致します!
 

12・17イベントのお知らせ

 投稿者:コブラ  投稿日:2016年12月16日(金)17時09分46秒
  今年最後のビッグイベントの開催が、いよいよ明日に迫ってきました!

「流智美の昭和プロレストークライブ第5弾・昭和プロレステーマ曲史論1981」

日時:12月17日(土) 開場15:40 開始:16:00

場所:闘道館

参加費:3000円

【お申し込み】
闘道館(03-3512-2080 / info@toudoukan.com)まで
※参加費をお支払いいただいた順に整理券をお配りいたします。
当日の開場時間に、整理番号順でご案内いたします。

http://www.toudoukan.com/page/$/page_id/3095/nagaretalk05

終了後は打ち上げを兼ねた忘年会を予定しております。

皆様のご来場をお待ちしております!
 

>力道山

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2016年12月14日(水)08時51分55秒
編集済
  明日・木曜日ですね!! これは楽しみです!!

力道山と言えば、先週末、「プロレス入門」という本を読んでみました。 感銘しましたのは、著者の斎藤さんが、「力道山のプロレスは、戦後打ちひしがれた日本人が、力道山が大きなアメリカ人をやっつけてウサをはらしてくれるので、皆、感動して大人気になった・・」などという、言わば「とんでもない俗説」を、びしっと排除しておられるように読めたこと。

誰が言い始めたのか全く知りませんが、こんな思い付きもどきの俗説を、著者はきちんと排除しておられるのには、全く同感・感動でした。 明日のBS朝日でも、戦後9年も10年も経ってからの力道山時代のプロレスに、「戦後の打ちひしがれた日本人が大熱狂した・・」などという奇妙な俗説がまたまた持ち出されて来なければいいと思うのですが・・。

ところで、この「プロレス入門」には、アメリカのプロレスの歴史も詳しく書かれていますが、以前、ミック博士とお話しさせて頂きました時に、小生の記憶が鮮明でなく、「自分が80年代にNYへ何度か出張した時に、なぜ一度もMSGへプロレスを見に行かなかったのか、どうにもよく思い出せないのだが、確か、サンマルチノももう出ておらず、グラハムだのコロフだのがトップなのでは全くつまらないと思ったからだ・・」というようなことを申し上げたように思うのですが、この本の中にシッカリ書かれているアメリカのプロレス史を読んでみて、改めてわかりましたのは、80年代半ばには、もうサンマルチノどころか、いよいよプロレスを復権させてくれると思ったバックランドすら、もう居なくなってしまって、あのホーガンの時代が始まっていたからなのだということです・・。
もう、あの時代のNY/MSGのプロレスを、小生、さすがに、わざわざお金を払ってまで見に行こうなどとは思わなくなってしまっていたのでした・・。
 

力道山

 投稿者:3本ロープ  投稿日:2016年12月13日(火)16時32分18秒
  12月15日水曜日、BS朝日にて19時から20時54分まで「昭和のヒーロー力道山の真実~プライベート映像が語る素顔」が放送されます。録画して永久保存ですね。  

『昭和プロレス復活祭 大阪初場所』

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2016年12月10日(土)17時17分43秒
  来年も性懲りもなくやりますよ!
「昭和プロレス秘密集会」改め「昭和プロレス復活祭」

2017年2月26日(sun)
OPEN 12:00 / START 13:00
前売¥1,800 / 当日¥2,300(共に1オーダー必須(¥500以上))
前売チケットはイープラス&電話予約にて近日発売開始!
※ご入場はイープラス→店頭電話予約→当日の順となります。
電話→ 06-6211-5592(16時~24時)

【出演】
■ミック博士(昭和プロレス研究室・室長)
■存 英雄/ゾンヒデオ(同・助っ人)

詳細はこちらのサイトから
http://www.loft-prj.co.jp/schedule/west/55124
 

訃報:マリオ・ミラノ

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2016年12月10日(土)16時58分49秒
  流智美さんから、メルボルンでマリオ・ミラノ選手が亡くなったとの連絡をいただきました。享年81歳。ご冥福をお祈りいたします。

http://www.showapuroresu.com/bio/ma/mario_milano.htm


 

永源選手といえば

 投稿者:コシキジン  投稿日:2016年12月 4日(日)10時46分20秒
  永源選手とデストロイヤーの絡み覚えてますよ…
結局どこかの会場で試合後デストに捕まって4の字掛けられ悲鳴をあげてたのを思い出します。
 

ザ・デストロイヤー

 投稿者:3本ロープ  投稿日:2016年12月 2日(金)10時38分40秒
  今日のTBS系列19時から「爆報!THEフライデー」でザ・デストロイヤーの近況が紹介されるようです。大層なお金持ちになっているらしい・・・。  

永源選手といえば

 投稿者:ナックルパートメール  投稿日:2016年12月 1日(木)11時47分48秒
  何年かぶりに書き込みさせていただきます。
永源選手で思い出すのが、昭和46年春のワールドリーグ戦。
決勝戦後の猪木の馬場挑戦事件が起こる問題のリーグ戦です。
ある試合でデストロイヤーの相手を助けるカタチでちょっかいを出した
永源選手はその後の大会中、デストロイヤーに見つかると
追いまわされるというパターンになった記憶が。
馬場、猪木、ブッチャーと熾烈な闘いを繰り広げていた
デストロイヤーは、その反面永源選手を追いかけ回すのをどこか
楽しんでいたようでした。
きっかけになった試合などは覚えていないのですが若手の永源選手が
かなり目立った大会となりました。
ご冥福をお祈りいたします。
 

レンタル掲示板
/331