teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


>新春のプロレス番組

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 1月 9日(火)14時38分13秒
  「新春のプロレス番組」といえば、何といっても、あの「馬場vsクラッシャー戦」と「テーズvs草津戦」が同じ日にテレビで放送されたお正月のことが忘れられません。

もっぱら殴る・蹴るの「馬場vsクラッシャー戦」でしたが、全くプロレスの試合になっていないように見えた「テーズvs草津戦」よりも、はるかに面白く、興奮したのを思い出します・・。

思えば、あれは、確か、昭和43年のことだったと思いますが、まだ、この昭和40年代前半は、個人的には、猪木よりも馬場の方が、安定感があったというか、何となく頼りになったような気がしたものです・・。
猪木の全盛期というのは、やはり、確か翌年(昭和44年)末だったかの対ドリー戦あたりからで、余りにも動きの遅い馬場よりも、昭和40年代後半以降は、猪木の方が馬場よりも好きだったのを思い出します・・。
 
 

新春のプロレス番組

 投稿者:サイケおやじ  投稿日:2018年 1月 8日(月)19時37分14秒
  新春のプロレス放送は昭和の花形番組でしたねぇ~~♪
今は、これも楽しみです。

http://www.ntv.co.jp/G/sp/prowrestling/classic/
 

CS放送 その二

 投稿者:しょうまん  投稿日:2018年 1月 8日(月)12時26分46秒
  こんにちは♪

先日の続きを書かせて頂きます。
サンマルチノと違い、悪役レスラーで登場したフリッツ・フォン・エリックやクラッシャー・リソワスキーが選手コールを受けた際に拍手が起こった時「ん?何で歓迎されるの?」と思ったのではないかと推測します。
当時の日本にはブーイングという文化は無いとは言え、ジャイアント馬場を倒しに来た敵に拍手が起きるのですからネ。
やはり「まだ見ぬ強豪が来てくれた♪」というムードがそうさせたかも知れません。

それにしましても、全盛期のNWA・WWWF・AWAのトップレスラーが一つのマットで見られるのは、全米を含めて日本だけではなかったのではないでしょうか。
そういう意味では、日本のプロレスファンは世界一幸せなプロレスファンだったと感じます☆
 

>昭和プロレスの醍醐味♪

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 1月 6日(土)12時33分59秒
  しょうまん様

ありがとうございます!!
今回、csを見ることが出来ず、本当に残念ですが、本当に、あのサンマルチノの、馬場よりもむしろチャンピオンらしく見えたほどの勇姿が、熱く思い出されます。
 

昭和プロレスの醍醐味♪

 投稿者:しょうまん  投稿日:2018年 1月 6日(土)11時02分33秒
  Jumbo Aoki様

私がお話してよろしいですか?
大阪府立体育館の試合は放送されましたよ♪
数年前に大阪球場の試合も放映されましたから、これで完璧ですね。

サンマルチノは腰にWWWF世界ヘビー級のベルトを巻いていて、世界王者の貫禄がありました。
サンマルチノもキニスキーも、日本で防衛戦をしてませんが、いつもベルトを巻いていてプライドを感じさせましたネ。
清水一郎アナウンサーが「まさに筋肉の塊ですね」と感嘆してましたが、現在と違って筋肉増強剤を使わないナチュラルな肉体は、それを見るだけでも値打ちが有ります。
あの体にチョップは効かないから、ジャイアント馬場は脳天チョップを多用したかも知れませんね。

それにしましても「人間発電所」とは、よくぞ付けた形容詞だと感じました☆
 

 投稿者:ババアリ(笑)  投稿日:2018年 1月 6日(土)09時46分45秒
  遅ればせながら明けましておめでとう。

さて、これはあくまでも自分の願望と言うか夢なのですが・・・

今年こそBI砲の試合映像をノーカットでDVD化、それがダメならせめてCS放送
でも良いのでノーカット放送してほしいと言う事ですね。

初めてインタータッグを腰に巻いたワット・タイラー戦、BI史上最高の名勝負と言われた
ドリー・ホッジ戦、妖怪坊主コンビ、マーフィー・バーナード戦、ブルーザー・クラッシャー戦
昭和45年夏のファンクス戦・・・
BIの全試合とは言いません。至高の名勝負と言われたこれらの試合だけでも
DVD化、CS放送して呉れたら・・・
もしかしたら、もう映像は残って無いかも知れません。しかしもしそれらの試合
の映像が完全な形で残っていたら・・・
日テレ、クエストどこか動いて呉れませんかねぇ。
 

>CSに想う

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 1月 6日(土)06時41分11秒
  今回の放送は、全く見ることができませんでしたが、馬場vsサンマルチノ戦といえば、会場は確か大阪府立でしたか、日本での初戦をTVで見ました時に、サンマルチノが、控室から入場してくるときの、見るからに「王者」といった感じのたたずまいの勇姿を見て、「まだ見ぬ強豪」の一人を遂に見ることができ、感動のあまり、思わず涙ぐんでしまったのを思い出します・・。

この入場シーンだけで、もう本当にメロメロになってしまって、そのあと、しばらくの間は、高校のプロレス愛好会で、「ブルーノ○○」を、自分のリングネームにしていたくらいです・・。

この日本での初戦も、今回、放送されたましたか・・??
 

CSに想う

 投稿者:王者の魂  投稿日:2018年 1月 5日(金)21時32分21秒
  >対戦テロップも「インターナショナルヘビー級」ではなく「インターナショナル選手権」と、当時のまま忠実に再現していて、日本テレビスタッフのプロレスファンに対する心遣いを感じました。

そうなんですよオ!こういうスタッフや昨年のNHK?ひよっこ”の馬場VSサンマルチノ戦ポスター
他を取り上げて下さった関係者の方。こういうことや視聴者の力が結実し、新たな映像が放送されることを願って止まないわたし。
 

>>CS モンスーン戦

 投稿者:マサ札幌  投稿日:2018年 1月 5日(金)21時15分52秒
   自分の記憶では第11回ワールドリーグ戦の放送で後楽園ホールの前夜祭は実況生?放送(リーグ戦関係ない15分1本勝負の試合ばかり)で開幕第1戦の蔵前大会の馬場対モンスーン戦と猪木対ブラジル戦は翌週かスポーツニュースでフィルムダイジェスト放送だったと記憶しております。  

新春万福

 投稿者:しょうまん  投稿日:2018年 1月 5日(金)09時37分47秒
  本年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
先日のCS放送、試合以外に感じた事を書かせて頂きます。

まず、試合実況の清水一郎アナウンサーは、現在の絶叫型実況と違い、どの試合も落ち着いたアナウンスで視聴者に伝えていて、特にエリック戦に於いて「一万4千人の大観衆が(鉄の爪の)恐怖に酔っています」と静かな口調で話すくだりは、清水アナウンサーの真骨頂を感じました。

初来日時にD・F・ジュニアが、背広にネクタイ姿ばかりの客席を見て驚いたと話していました。
改めて観客席を見ますと殆ど男性ばかりで、今と違い女性や子供の姿が無く、隔世の感を受けました。

過去の放映と違い、記者会見の模様や試合後のリング上でのインタビュー等、ノーカットに近い編集が有り難かったです。
対戦テロップも「インターナショナルヘビー級」ではなく「インターナショナル選手権」と、当時のまま忠実に再現していて、日本テレビスタッフのプロレスファンに対する心遣いを感じました。

色んな面で、想像以上に充実した内容だったと思っています♪
 

Re:あけましておめでとうございます。

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2018年 1月 4日(木)09時34分30秒
  宇治金時さん
ごぶさたしています。お元気でしたか?
久々にお会いしたいですねぇ。懐かしいですw

CSは未公開映像もあったわけですか!
うらやましい・・・。
 

Re:宇治金時さん

 投稿者:存 英雄  投稿日:2018年 1月 3日(水)23時31分52秒
  当研究室の客員の存 英雄です。当方、今春に還暦を迎えるという記念の年に
懐かしい宇治金時さんと再び遭遇できて、新年からハッピーです。

昭和プロレス研の初期オフ会で、あるいはこの掲示板上で、かつて色々と
ご交流いただき、お世話になりました。
お時間ある際には、ぜひまた昔のように声をかけてください。
よろしくお願いします。
 

Re:CSモンスーン

 投稿者:初投稿  投稿日:2018年 1月 3日(水)23時20分29秒
  > 大晦日のCS、各試合毎に来日会見の様子がチラっと観れて嬉しかったです。
> 個人的には、なんと言っても、ゴリラモンスーン戦!

通りすがりの初投稿モノです。
この番組に言及する人が思ったより少ないですね。

私もゴリラ・モンスーン戦とその直後のボボ・ブラジルとの時間切れ引き分け戦が
新鮮で良かったと思いました。

他の試合は、以前に放送されたものがほとんどでしたよね?
とは言え、Blu-rayに録画出来たのは今回が初めてなのですが。

ゴリラ・モンスーン戦でひとつだけ残念だったのは
元の映像がそうだったのでしょうが、VTRでなくフィルムだったですよね。
 

明けましておめでとうございます。

 投稿者:宇治金時  投稿日:2018年 1月 3日(水)15時41分11秒
  博士、皆さんどうもお久しぶりです。

いつも見ていますが、ついおっくうですいません。今年も皆様のご活躍を祈念いたします。

博士いつもありがとうございます。感謝申し上げます。
機会があればよろしくお願いします
 

謹賀新年 CSモンスーン

 投稿者:王者の魂  投稿日:2018年 1月 3日(水)11時22分19秒
   今年もよろしくです。
大晦日のCS、各試合毎に来日会見の様子がチラっと観れて嬉しかったです。
個人的には、なんと言っても、ゴリラモンスーン戦!
モンスーンってジョナサン同様、巨体なのに身体能力高いんだなと感じ
させてくれました。馬場さんも負けましたけど乗ってる感じで手が合うのかな。
 

(無題)

 投稿者:good times bad times  投稿日:2018年 1月 3日(水)00時07分47秒
編集済
  サイケおやじ様

>うむ、試合内容よりは、あらためて会場の観客の熱気の凄さに感服です。

いやいや

ちゃんとチェーンレスリングしてます。

見どころ満載ですよ。
 

告知:映画「おっさんのケーフェイ」

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2018年 1月 2日(火)20時51分17秒
  来る1月20日(土)~1月26日(金)まで、神戸・元町映画館で開催される「神戸スポーツ映画祭!'18」で昭和プロレス研究室・客員研究員の存英雄氏がエキストラ出演したプロレス映画『おっさんのケーフェイ』(谷口恒平監督作品)が上映されます。上映日は下記の通りです。

1月23日(火)19:00~ ※道頓堀プロレス所属・空牙(くうが)選手のトークショー有り
1月26日(金)16:30~ ※トークショー無し

料金 前売:1,300円、当日:1500円(均一料金)
※映画祭パンフレット&成人限定「菊正宗ワンカップ」プレゼント付き

映画『おっさんのケーフェイ』公式 Twitter
https://twitter.com/taniguchi2017

その他、同映画祭のスケジュールはコチラ→http://www.motoei.com/schedule.html
 

謹賀新年、そして昭和プロレスの熱気

 投稿者:サイケおやじ  投稿日:2018年 1月 2日(火)19時39分45秒
  あけましておめでとうございます。
年末年始はCSで放送された往年の昭和プロレスを鑑賞しています。
うむ、試合内容よりは、あらためて会場の観客の熱気の凄さに感服です。
エリックやクラッシャー等々の凶悪外人に対するヤジの激しさ!
半殺しにしろぉ~、やっちまえ~~!
本当に熱くなっていますし、時にはお客さんがリングサイドで攻撃せんばかりの行動がっ!
もちろん、トルコや沖レフリーに対するヤジも強烈ですから、それも昭和プロレスの醍醐味と痛感です。

やっぱり昭和プロレスは良いですねぇ~~♪
本年も、よろしくお願い致します。
 

>謹賀新年

 投稿者:Jumbo Aoki  投稿日:2018年 1月 1日(月)17時55分56秒
  あけましておめでとうございます。
ミック博士様、皆様、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。
 

謹賀新年

 投稿者:ミック博士メール  投稿日:2018年 1月 1日(月)14時28分57秒
  あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。
今年もプロレスの話題で盛り上がってください。
 

レンタル掲示板
/342