teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


ボイラを新製した復活蒸機

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月16日(金)23時24分22秒
編集済
   こんばんは。
 碧電宮様
 蒸機用ボイラについてコメントありがとうございます。今後C571号機のボイラを新製することになれば「肥満体の貴婦人」になってしまいますか。(笑) JR九州の58654号機も復活に当たってボイラを新製していますが、外観上の目立った変化はありません。ボイラの規格変更は、平成に入ってからのものでしょうか。
 2412号機に限りませんが、一両ごとのオーダーメイドになるとボイラの価格が高くなってしまうのはやむを得ないのでしょう。それにしても4億円以上というのは…「お断り価格」かどうかはさておき、ハードルが高いことに変わりはないですね。
 6月2日付けの新聞記事上で、名古屋市の河村市長が整備費について「これから精査するけど、そんなにかからんと思うよ」とコメントしていますが、何らかの形で費用を安くする見込みがあるのでしょうか?この話がどのような形で決着するか、まだ時間がかかりそうです。

 添付画像はJR九州の58654号機。(平成元年8月 豊肥本線阿蘇駅にて撮影)
 

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 
 

いろいろ課題がありそうです

 投稿者:碧電宮  投稿日:2017年 6月14日(水)21時47分0秒
  吉野富雄様

コメントありがとうございます。
明治村の12号はボイラーを新品に乗せ換えているのですか。それは知りませんでした。
NHKのC571整備のドキュメンタリーを録画してあります。それによると、現在は
ボイラーの規格(法的な規定?)が変わっていて、C571と同じものを新造することは
できないと言っていました。胴が太くなり、肥満体の貴婦人になるのだとか。

2412号もおそらく修理は現実的でなく、ボイラーをそっくり新製することになるのだろ
うと思います。調査、見積もりは大阪のメーカーさんですが、大井川鉄道では静岡の
メーカーに整備を委託しているようです。(こどもの国のB12もそこからの出張修理)
費用面ではメーカーによって差が出るのかも知れませんが、4億8千万円とは、事実上
お断りの意思表明のようにも思えます。

もしボイラー新製のめどが立っても、ATS-Pを取り付けなくてはならなかったり、
本線を走らせるにはまだまだ課題が多そうですね。
 

蒸気機関車のボイラ新製

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月12日(月)21時51分13秒
編集済
   こんばんは。6月半ばとなり、晴れた日の日中はかなり暑さを感じるようになってきました。本格的な夏ももうすぐですね。

碧電宮様
 こちらこそご無沙汰しております。鉄道撮影の方も、近場ばかりですが細々(?)と続いています。
 名古屋市科学館の2412号機のボイラ修復、というより新製には相当の金額がかかりそうですね。もちろん蒸気で走れるように復元することが、産業遺産保存の点からも望ましいでしょうが、一般市民の理解が得られるかどうかがポイントになるかもしれません。
 ボイラ新製といえば、明治村で動態保存されている旧尾西鉄道12号機関車も昭和60年にボイラを交換しています。白井昭氏によれば、このボイラ工事は名鉄住商工業によって進められ、ボイラ本体は愛知県一宮市内のボイラ製缶ができる工場によりつくられたということですが、果たしてこのときの費用はいかほどだったのでしょう。
 予算を節約しながらも自走にこだわるならば、圧縮空気で機関車を走らせ、客車などを牽くための牽引力不足はディーゼル機関車の後補機でまかなうという方法もありでしょうか。(河村市長がこの方法で納得すれば、という前提条件がつきますが…)

 添付画像は明治村で撮影した12号機関車。(昭和55年8月)この当時は明治生まれのオリジナルボイラを使用していました。

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

そんなにかかりますか

 投稿者:碧電宮  投稿日:2017年 6月10日(土)23時10分15秒
  こんばんは。たいへんご無沙汰しています。相変わらずご多忙のようですが、
お元気でお過ごしのようで何よりです。

さて、名古屋市科学館2412号機の調査、やっと結果が出ましたか。
ある程度予想はしていたとはいえ、やはり厳しい結果でしたね。
ボイラーに圧力をかけられない状態であることは無理もないだろうと
思います。
しかし、オーダー的には2両分ではないの?と思えてしまいます。

電動で車輪を回すだけでも4500万円ですか。一般市民はこれで十分と
思われるかも知れませんが、線路を走って初めて価値があるとの市長
の見解を支持したい心境です。

あとは、D51827のように、圧縮空気方式での稼働ならばなんとかでき
るかもしれない?といったところでしょうか。
 

名古屋市科学館2412号機の復元費用

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月 3日(土)22時27分0秒
編集済
   こんばんは。
 名古屋市の河村市長があおなみ線に蒸機列車を走らせたいとする意向を示し、名古屋市科学館のB6形2412号機に白羽の矢が立ったことはご存じの方が多いと思います。中日新聞の6月2日朝刊の記事によれば、この2412号機のボイラを修復して蒸気の力で走行させるためには、4億8000万円の費用がかかる見込みであるとのことです。一方、静止状態で車輪だけを(モーターなどで)回転させる「動態展示」であれば、費用は4500万円だそうです。ボイラ内部の腐食が激しいことが原因のようですが、名古屋市科学館で約半世紀にわたって屋外展示されていたのですから、これは仕方がないでしょう。
 もちろん同機が動態復元されれば鉄道ファンとしては嬉しいですが、費用がかかりすぎるのが難点でしょうか。どうしてもあおなみ線に蒸機を走らせたいのであれば、平成25年2月の実験走行のように、JR西日本からC56160号機と客車を借用するのが一番現実的かもしれません。
 この話がどのように決着するのか注目されます。

 添付画像1枚目は、6月2日付け中日新聞の切り抜きです。記事中には「現存するB6形SLは世界唯一で、」とありますが、他のB6保存機として日本工業大の2109号機やJR金沢総合車両所(旧松任工場)の2272号機があるのでこれは間違いですね。
 2枚目は名古屋市科学館に展示されていた当時の2412号機です。旧名古屋市電1401号車と並んで展示されていました。(平成24年11月撮影)
 3枚目は、JR貨物最後の国鉄色DD51となった853号機。先週の土曜日(5月27日)は、2089レ~2084レのスジで運用されました。(永和~弥富間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

世間はGW

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 4月29日(土)21時05分53秒
編集済
   こんばんは。今日からGW。5月7日まで9連休という方もいらっしゃるでしょうか、私は5月3日に子どものおつきあいで外出する以外は、予定が立っていません。
 今日も休日出勤でしたが、出勤前に四日市まで足を伸ばして5263レを撮影、JR貨物最後の国鉄色DD51となった853号機が先頭に立っていました。平成28年度中、つまり今年の3月までには運用離脱すると噂されていた同機ですが、年度が変わっても関西本線や衣浦臨海鉄道などで活躍を続けています。『貨物時刻表』ではDF200の運用として表示されている5263~5282レですが、いつまでDD51の代走が続くのかも気になるところです。

 また、愛知県あま市内に保存されていたD51827号機ですが、和歌山県有田川町の有田川鉄道公園に移設され、圧縮空気による動態保存を目指して整備を行うとのことです。こちらの動向も目が離せません。

 添付画像は、本日撮影した5263レです。(塩浜線四日市~塩浜間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

JR発足30年

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 4月 1日(土)00時46分16秒
編集済
   こんばんは。4月1日でJRグループは発足30周年を迎えます。昭和62年3月31日の夜、国鉄としての名古屋駅を出発する最後の列車となった「あさかぜ3号」を見送ったのがつい先日のことのように思い出されます。月並みな感想ですが、時の流れとは本当に速いものです。

831列車様
 北海道のページへのご訪問ありがとうございます。当時は天北線や勇網線などのローカル線が健在で、客車列車も道内各地で活躍していました。30年経って、道内の鉄道地図はすっかり寂しくなり、JR北海道も経営の厳しさが伝えられています。個人的には、宗谷本線や石北本線、根室本線などについてはインフラ整備の点から国や北海道が補助を出して維持した方がよいのではないかと考えています。今後JR単独では維持困難な路線については、地元自治体や道と協議が進められていくのでしょうが、採算面にとらわれて安易に廃線の道をたどることだけは避けてほしいです。
 当時はワイド周遊券が「旅の友」でしたが、こちらも廃止されて久しいです。現在も「北海道フリーパス」というトクトクきっぷが発売されていますが、北海道までの往復乗車券などは別に求めなければならないことと、多客期使用不可というのはやはり不便です。

 岐阜のD51470号機は、大変きれいに整備されておりありがたい限りです。各地でこのように整備の手が入れられる機関車が増えてきたことは喜ばしいことです。
 名鉄特急については、平成2年から特別車(指定席)と一般車(自由席)が設けられるようになり、平成3年にはパノラマSuperこと1000系の編成の一部に3扉車の1200系が組み込まれるようになりました。その後新製された2200系などは製造当初から2扉車と3扉車を併結した編成となっています。平成20年のダイヤ改正で、中部空港行きの「ミュースカイ」を除く全特急と快速特急は一般席車併結となり、1000系の展望室は豊橋(河和・内海)方のみとなっています。平成27年から1000(1200)系のリニューアル工事が開始され、「パノラマSuper」表示の撤去、塗装の変更など外観のイメージも大きく変化しています。「名鉄=2扉転換クロス車」というイメージも過去のものになってしまいましたが、おっしゃるとおり現在でも特急や快速特急の一般席車にはクロスシート車が多く入っています。

添付画像1枚目は、ED76牽引の51系客車。SGからの蒸機を盛んに上げています。(昭和62年3月 札幌駅)
添付画像2枚目は、リニューアル工事でイメージが変わった名鉄1000(1200)系です。(平成28年6月 名鉄河和線高横須賀~南加木屋間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

旅日記拝見しました

 投稿者:831列車  投稿日:2017年 3月30日(木)22時35分24秒
  吉野様
1987年の北海道旅日記、拝見いたしました。分割民営化、ローカル線廃止に揺れていた時代ももうずいぶん前のことになりますね。その後の青函トンネル開通などの明るい話題を通り越していまや北海道の鉄道自体が大変な危機になるとは思いもしませんでした。
SL時代も有名だった景勝地をこまめに回られているのには感心いたしました。それと積雪と列車の取り合わせがいかにも冬の北海道を象徴していた札幌駅の地上時代の情景も見事に記録されていますね。列車も編成も貴重な記録になっていると思います。乗り歩きがブームになっていてワイド周遊券片手にキハ22などに揺られて旅が出来た最後の時代‥‥。良き想い出でもあります。

先日、岐阜の梅祭りにやっと行ってきました。保存会の皆さんにご挨拶かたがたD51470の様子などを見てきました。梅もちょうど見頃で、D51もシンプルな装いながらさすが定期的な整備がされているため状態もよさそうでした。今年(2017年)は同機は生誕77年、つまり喜寿を迎えたことになりますので感慨もひとしおのことでしょう。
岐阜梅林公園のあとは田神駅まで歩いて新加納、鵜沼宿と中山道を散策して新鵜沼から特急で新名古屋へ戻りました。
それにしてもしばらく名鉄に乗らなかったのですっかり車両運用が変わっていたのは驚きました。パノラマスーパーが半分指定車になってたり、特急車両が三つ扉に一部なっていたり‥‥。「パノラマカーの名鉄」はもうイメージが変わってしまったのでしょうか。それでも無料でゆったりクロスシートに乗れるのがいいものですね。

いくつか写真をアップしました。御笑覧ください。
http://c5793.ebo-shi.com/d51470-01.html

http://c5793.ebo-chi.com/

 

更新のお知らせ

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 3月25日(土)22時57分9秒
編集済
   こんばんは。3月もあと6日ほど。間もなく新年度を迎えますが、その準備でばたばたしております。
 3月26日付けで以下の通り更新しました。
「1987年早春 北海道の旅」のページを新設。
 今から30年前、JR発足を目前に控えた1987(昭和62)年3月に北海道を訪れたときの記録です。
http://www42.tok2.com/home/c11190/1987hokkaidou.htm

「不定期更新の部屋」第69回は、JRグループ発足当日に名古屋駅で撮影した113系です。
http://www42.tok2.com/home/c11190/kakushuu.htm

 よろしければご笑覧下さい。
 添付画像は1987(昭和62)年4月1日に撮影した103系です。(名古屋駅にて)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

関西本線5263~5282レ

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 3月11日(土)20時52分10秒
編集済
   こんばんは。今日は大鐵1003レがC108+C5644の重連で運転されました。出かけたかったのですが、涙をのんで休日出勤してきました。とはいうものの一日中事務所に籠っているのも癪なので、昼食の時間帯に線路際まで抜け出して関西本線2089レ、5282レを撮影してきました。5263~5282レの仕業は今月のダイヤ改正からDF200形の運用になっていますが、現時点ではDD51形重連による代走が続いています。
 ただ、DD51形は全検が終了しているため、今後は運用離脱していくカマが増えるはずです。現在はDF200形200番台の増備、あるいはDF200形新製車?の投入を待っている状態で、今年度中に置き換えていく予定なのでしょうか?
 添付画像は、本日弥富~永和間で撮影した5282レ。DD51891+DD511804の重連牽引でした。

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

レンタル掲示板
/54