teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


保存機の維持管理

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 7月25日(火)23時22分36秒
編集済
   こんばんは。今日の愛知県尾張地方は、朝方雨が降ったものの、その後は蒸し暑い一日となりました。水分補給をこまめに行うなどして、熱中症には十分に気をつけていきたいですね。

take-y様
 はじめまして。島田のD51101号機の現況についてお知らせいただきありがとうございます。案内板やプレートの整備等を進めていただいているとのことで、頭が下がります。
 このような活動を継続していくことによって、産業遺産としての機関車を後世に伝えていくことは意義深いと思います。ただ、機関車や案内板にいたずらしたり、部品を盗ったりするなど心ない人がいるのも事実で、残念です。
 大井川鐵道を訪問した時を利用して、久しぶりにD51101号機に会いに行きたいです。

 添付画像は津市の偕楽公園に保存されているD51499号機ですが、一枚目は平成14年11月に撮影したもの、二枚目はナンバープレートや前照灯が整備された後の平成18年2月に撮影したものです。やはりプレートがあるのとないのとでは天地の差ですね。

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 
 

D51101の補足です

 投稿者:take-y   投稿日:2017年 7月25日(火)02時53分12秒
  初めまして!島田のD51101 と天城のD51243 の世話をさせていただいているものです。

D51101について状況の進展がありましたのでおしらせしたく思います
①案内板の修復
 悪戯でボロボロにされましたが 6月末に修復。
 ただし、今度はタバコを押し付けられ焦げ傷が
 ガラスによる保護など再度対策を島田市にお願いしています。

②レプリカプレ-ト設置
 オリジナルプレ-トは無く残存がレプリカも木製の1枚のみと寂しい
 状況でしたので レプリカプレート3枚を3Dプリンタにて制作数回に分けて装 着を行いました。

https://blogs.yahoo.co.jp/takeyyl/15029839.html

 

毎日暑いですね

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 7月22日(土)23時28分51秒
編集済
   こんばんは。毎日暑いですね。学校も夏休みに入り、夏真っ盛りというところでしょうか。先週は各地で豪雨に見舞われましたが、21世紀に入ってから段々と日本の気候が熱帯に近づいているような…。以前は毎年のように豪雨で大きな被害が出ることはなかったと思いますし、最高気温が32~33℃になったら「今日は暑かったです」とニュースのネタになったような覚えがあります。

 今月発売の鉄道誌でJR貨物の新型機DD200形が紹介されていますが、これが量産されるとDE10形やDE11形の廃車が加速しそうです。JR貨物ではDD51形に続いてDE10形の全検も終了しているので、数年後のディーゼル・ハイブリッド機関車は、北海道地区・関西本線の本線貨物にDF200形、ローカル貨物と入換にDD200形、入換専用機としてHD300形という構成に変化しているのでしょうか。「鉄道ピクトリアル」の解説では「ハイブリッド式で本線の列車牽引に対応する性能を持たせると重量が嵩み、軸重の関係から線区によっては入線できなくなり…。」ということです。ただし、技術の進歩によって、将来的にはハイブリッド式の本線用機関車が登場する日が来るかもしれません。

831列車様
 お心遣いありがとうございます。五条川の氾濫は小牧市や大口町など尾張北部で発生しており、私が住んでいる尾張南西部では難を免れることができました。弊サイトを立ち上げた当時、五条川のすぐ近くに住んでいたことから、タイトルにこの川の名を入れさせていただきましたが、現在は五条川から離れた場所に引っ越しています。とはいうものの、いつ水害に見舞われてもおかしくない地域であることには間違いないです。

 ご紹介いただいた保存機のうちC5849号機とD51101号機は私も実見していますが、部品の欠損などはあるものの、整備の手が入っているのはありがたいです。近年も保存継続を断念して解体してしまうという例もあるだけに、整備にかかわる皆様には頭が下がる思いです。C5849号機の区名札入れに「三」の書き込みがあるのはちょっとした発見ですね。検索してみたところ三次機関区時代は「三」、芸備線管理所になってからは「芸」の区名札が使用されていたようです。
 長野のD51549号機は、きれいに手入れされていて嬉しい限りです。今後は大学のキャンパス内の保存になるようですが、大学のシンボル(?)としてきれいな状態をいつまでも保ってほしいと思います。

 添付画像は、7月8日に撮影した近鉄30000系ビスタカーです。昨年から近鉄特急の塗装変更が始まり、ご覧のような新塗装に変更されつつあります。個人的には60年近く続いてきたオレンジとダークブルーのツートンを生かした塗装にしてほしかったのですが…。(佐古木~近鉄弥富間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

猛暑お見舞い

 投稿者:831列車  投稿日:2017年 7月20日(木)19時30分41秒
  吉野さま
東海地区の雨は大丈夫でしたか?テレビのニュースで「五条川」の名前とテロップが出たので気になっていました。
少し保存機などをアップしました。この中で掛川のC5849にヘッドマークステーらしきものがあることと、キャブに「三」の文字のペイントらしきものも‥‥。また広島工の標記が残っていたのも驚きでした。現役時代からすでに半世紀近いものが‥‥。 現役時代の画像の代わりに保存間もない頃の変則画像も掲載しましたので御笑覧ください。
D51101の説明板は吉野様の訪問時以降に建てられたのかもしれませんが説明書きが破損していました。長野のD51549は幸いにも現地に残って再整備されています。最近解体の話題が多い中、保存会などでの行動によって美しく整備される保存機も多く、悲喜こもごもですね。

URLはこちらです
http://c5793.ebo-shi.com/hozonc5849.html
http://c5793.ebo-shi.com/hozond51101.html
http://c5793.ebo-shi.com/hozond51549-3.html

猛暑のなか、お体ご自愛ください。

http://c5793.ebo-chi.com/

 

ボイラを新製した復活蒸機

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月16日(金)23時24分22秒
編集済
   こんばんは。
 碧電宮様
 蒸機用ボイラについてコメントありがとうございます。今後C571号機のボイラを新製することになれば「肥満体の貴婦人」になってしまいますか。(笑) JR九州の58654号機も復活に当たってボイラを新製していますが、外観上の目立った変化はありません。ボイラの規格変更は、平成に入ってからのものでしょうか。
 2412号機に限りませんが、一両ごとのオーダーメイドになるとボイラの価格が高くなってしまうのはやむを得ないのでしょう。それにしても4億円以上というのは…「お断り価格」かどうかはさておき、ハードルが高いことに変わりはないですね。
 6月2日付けの新聞記事上で、名古屋市の河村市長が整備費について「これから精査するけど、そんなにかからんと思うよ」とコメントしていますが、何らかの形で費用を安くする見込みがあるのでしょうか?この話がどのような形で決着するか、まだ時間がかかりそうです。

 添付画像はJR九州の58654号機。(平成元年8月 豊肥本線阿蘇駅にて撮影)
 

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

いろいろ課題がありそうです

 投稿者:碧電宮  投稿日:2017年 6月14日(水)21時47分0秒
  吉野富雄様

コメントありがとうございます。
明治村の12号はボイラーを新品に乗せ換えているのですか。それは知りませんでした。
NHKのC571整備のドキュメンタリーを録画してあります。それによると、現在は
ボイラーの規格(法的な規定?)が変わっていて、C571と同じものを新造することは
できないと言っていました。胴が太くなり、肥満体の貴婦人になるのだとか。

2412号もおそらく修理は現実的でなく、ボイラーをそっくり新製することになるのだろ
うと思います。調査、見積もりは大阪のメーカーさんですが、大井川鉄道では静岡の
メーカーに整備を委託しているようです。(こどもの国のB12もそこからの出張修理)
費用面ではメーカーによって差が出るのかも知れませんが、4億8千万円とは、事実上
お断りの意思表明のようにも思えます。

もしボイラー新製のめどが立っても、ATS-Pを取り付けなくてはならなかったり、
本線を走らせるにはまだまだ課題が多そうですね。
 

蒸気機関車のボイラ新製

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月12日(月)21時51分13秒
編集済
   こんばんは。6月半ばとなり、晴れた日の日中はかなり暑さを感じるようになってきました。本格的な夏ももうすぐですね。

碧電宮様
 こちらこそご無沙汰しております。鉄道撮影の方も、近場ばかりですが細々(?)と続いています。
 名古屋市科学館の2412号機のボイラ修復、というより新製には相当の金額がかかりそうですね。もちろん蒸気で走れるように復元することが、産業遺産保存の点からも望ましいでしょうが、一般市民の理解が得られるかどうかがポイントになるかもしれません。
 ボイラ新製といえば、明治村で動態保存されている旧尾西鉄道12号機関車も昭和60年にボイラを交換しています。白井昭氏によれば、このボイラ工事は名鉄住商工業によって進められ、ボイラ本体は愛知県一宮市内のボイラ製缶ができる工場によりつくられたということですが、果たしてこのときの費用はいかほどだったのでしょう。
 予算を節約しながらも自走にこだわるならば、圧縮空気で機関車を走らせ、客車などを牽くための牽引力不足はディーゼル機関車の後補機でまかなうという方法もありでしょうか。(河村市長がこの方法で納得すれば、という前提条件がつきますが…)

 添付画像は明治村で撮影した12号機関車。(昭和55年8月)この当時は明治生まれのオリジナルボイラを使用していました。

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

そんなにかかりますか

 投稿者:碧電宮  投稿日:2017年 6月10日(土)23時10分15秒
  こんばんは。たいへんご無沙汰しています。相変わらずご多忙のようですが、
お元気でお過ごしのようで何よりです。

さて、名古屋市科学館2412号機の調査、やっと結果が出ましたか。
ある程度予想はしていたとはいえ、やはり厳しい結果でしたね。
ボイラーに圧力をかけられない状態であることは無理もないだろうと
思います。
しかし、オーダー的には2両分ではないの?と思えてしまいます。

電動で車輪を回すだけでも4500万円ですか。一般市民はこれで十分と
思われるかも知れませんが、線路を走って初めて価値があるとの市長
の見解を支持したい心境です。

あとは、D51827のように、圧縮空気方式での稼働ならばなんとかでき
るかもしれない?といったところでしょうか。
 

名古屋市科学館2412号機の復元費用

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 6月 3日(土)22時27分0秒
編集済
   こんばんは。
 名古屋市の河村市長があおなみ線に蒸機列車を走らせたいとする意向を示し、名古屋市科学館のB6形2412号機に白羽の矢が立ったことはご存じの方が多いと思います。中日新聞の6月2日朝刊の記事によれば、この2412号機のボイラを修復して蒸気の力で走行させるためには、4億8000万円の費用がかかる見込みであるとのことです。一方、静止状態で車輪だけを(モーターなどで)回転させる「動態展示」であれば、費用は4500万円だそうです。ボイラ内部の腐食が激しいことが原因のようですが、名古屋市科学館で約半世紀にわたって屋外展示されていたのですから、これは仕方がないでしょう。
 もちろん同機が動態復元されれば鉄道ファンとしては嬉しいですが、費用がかかりすぎるのが難点でしょうか。どうしてもあおなみ線に蒸機を走らせたいのであれば、平成25年2月の実験走行のように、JR西日本からC56160号機と客車を借用するのが一番現実的かもしれません。
 この話がどのように決着するのか注目されます。

 添付画像1枚目は、6月2日付け中日新聞の切り抜きです。記事中には「現存するB6形SLは世界唯一で、」とありますが、他のB6保存機として日本工業大の2109号機やJR金沢総合車両所(旧松任工場)の2272号機があるのでこれは間違いですね。
 2枚目は名古屋市科学館に展示されていた当時の2412号機です。旧名古屋市電1401号車と並んで展示されていました。(平成24年11月撮影)
 3枚目は、JR貨物最後の国鉄色DD51となった853号機。先週の土曜日(5月27日)は、2089レ~2084レのスジで運用されました。(永和~弥富間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

世間はGW

 投稿者:吉野富雄  投稿日:2017年 4月29日(土)21時05分53秒
編集済
   こんばんは。今日からGW。5月7日まで9連休という方もいらっしゃるでしょうか、私は5月3日に子どものおつきあいで外出する以外は、予定が立っていません。
 今日も休日出勤でしたが、出勤前に四日市まで足を伸ばして5263レを撮影、JR貨物最後の国鉄色DD51となった853号機が先頭に立っていました。平成28年度中、つまり今年の3月までには運用離脱すると噂されていた同機ですが、年度が変わっても関西本線や衣浦臨海鉄道などで活躍を続けています。『貨物時刻表』ではDF200の運用として表示されている5263~5282レですが、いつまでDD51の代走が続くのかも気になるところです。

 また、愛知県あま市内に保存されていたD51827号機ですが、和歌山県有田川町の有田川鉄道公園に移設され、圧縮空気による動態保存を目指して整備を行うとのことです。こちらの動向も目が離せません。

 添付画像は、本日撮影した5263レです。(塩浜線四日市~塩浜間)

http://www42.tok2.com/home/c11190/index.htm

 

レンタル掲示板
/55