teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


伝承の会

 投稿者:紫 酔  投稿日:2016年 3月 4日(金)23時08分45秒
返信・引用
  三日四日と二日間「伝承の会」がありました 講談34人聞いて
二日間で二千円という会。とにかく聞く方も疲れます。
その内で、真紅「那須の与一扇の的」紅葉「母の慈愛」欄「豊竹呂昇」
特に蘭さんがよかったように感じました。

http://www.geocities.jp/shisuioz/ki/ki.html

 
 

紅先生ご出演

 投稿者:管理人  投稿日:2016年 2月28日(日)23時07分49秒
返信・引用
  > No.3820[元記事へ]

明日29日午後3:00~午後3:30 NHKEテレで再放送されます
■日本の話芸 講談「白子屋政談より 髪結新三」
視聴(録画)お忘れなく!
 

コンサートと講談

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 2月28日(日)22時44分15秒
返信・引用
  真田丸コンサート、松之丞の短い3つの講談はドラマとクラシックをつなぐ。彼の戦や剣豪を読む迫力に前から注目していました。多くの講談師が読む「真田幸村大坂入城」をベースにしながらも、家康との戦いの合言葉に転換。犬伏の昌幸、信幸の口論の場面、決戦を前に信繁が父昌幸を思い出す場面は、過去の講談にはない今回作ったオリジナルのようでした。
 

『真田丸』コンサートと『日本の話芸』♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2016年 2月27日(土)12時12分19秒
返信・引用 編集済
     明日16:15~17:28 NHK総合で放送される
大河ドラマ『真田丸』コンサートに神田松之丞さんが出演されます。
詳細は↓を御覧下さい。

http://www.nhk.or.jp/sanadamaru/information/program/concert0228.html

尚、明日午後2:00~午後2:30 NHKEテレで放送される
紅先生ご出演■日本の話芸 講談「白子屋政談より 髪結新三」
視聴(録画)もお忘れなく!

おかげさまで有難うございます。合掌  じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065


  ↑↓画像付きで掲載しています↑↓

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

金印出会いの記念日

 投稿者:友勝  投稿日:2016年 2月25日(木)16時27分14秒
返信・引用
  2月23日の金印出会いの記念日に14時から、金印レプリカ贈呈式が一昨年新築落成された福岡市立舞鶴小中学校の小学校体育館であった。
神田紅先生と紅塾の一人金印亭紅梅さんが、講談『国宝金印物語』を解り易く語る。小さな博物館運動として今年で国宝金印レプリカを188校と1600人以上の子供達に進呈することが出来た。
NHK.TNC.KBCの各テレビ局や西日本新聞、読売新聞のカメラの攻勢で取材され、NHKロクいち福岡のニュ-スTV(午後6時10分)で、金印レプリカを手にした、六年生の子供たちの感想を述べた嬉しそうな顔がクロ-ズアップされた。

午後6時からは、第19回金印出会いの記念日でチャリティートークがエルガーラ8階大ホールで、320人のお客さんが来られて開かれた。
まず「花守市長と桧原桜」を新金印亭一門の紅とも、紅ほっぺ、紅まゆ、紅弓の4名の良く通った声でリレー講談を語った。開花を目前に伐採されることを悲しんだ一市民が、歌を書き桜の木に張った、それに対して、「桜花惜しむ 大和心のうるわしや とわに匂わん花の心は 香瑞麻」と色紙で桜の木に返歌されていた。市民の気持ちを大切にした、桜の木を守った当時の進藤市長。道路造りのためのさくらの伐採が無く、迂回道が出来たのでした。福岡市南区桧原の物語です。
次に<「日本の危機を救った“和魂洋才”精神」金子堅太郎~ル-ズベルト大統領との友情~>を紅先生が熱っぽく語りました。明治憲法の起草や日露戦争講話に尽力した国際外交のエキスパート。近代日本を拓いた真の国際人、その思いは今も未来を見つめている。いまの世代にもこの精神がほしいと一市民として思いました。ひとことでは表現出来ない感銘深いことでした。
最後は「このコミュニケーション力から学ぼう!現役95歳の極意・“いい加減”のすすめ」をシニアライフアドバイザーの先川祐次先生が語られた。
生涯現役の先川祐次先生の教えられることは沢山あり、いい加減と言うバランス感覚を感じ取らせていただきました。また、健康にも大変気を付けておられました。

トークの後「出会いの懇親会」は、午後8時15分からは天神スカイホールでありました。先川先生と紅先生の対談で、講演ではお聞きできなかった、先川先生のあくまで前向きな継続的な精神に驚くと同時に学びたいと思いました。
塾生の方々がには最後まで懇親会に協力して頂きました。有難うございました。
 

紅先生ご出演♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2016年 2月23日(火)12時00分36秒
返信・引用 編集済
  紅先生がNHKの番組にご出演されます。
本日放送分はNHK福岡限定かも?

2/23(火)午後6:10~午後7:00 *総合*
■ロクいち!福岡▽生み出せ!新ビジネスベンチャーマーケット▽講談師から子供たちへ

2/28(日)午後2:00~午後2:30 *Eテレ*
■日本の話芸 講談「白子屋政談より 髪結新三」
ちなみに、翌29日(月)午後3:00より再放送

尚、本日2/23は金印が発見された日でございます。
(天明4年2月23日→西暦1784年4月12日)
それを記念しまして毎年2/23は福岡市の小学校に
国宝金印のレプリカを贈呈しております。
今回は福岡市立舞鶴小学校。
式典は昼2時から行われます。
また夜6時より天神エルガーラ8階大ホールにおいて
「第19回金印出会いの記念日チャリティトーク」が
催されます。
ゲストにシニアライフアドバイザーの先川祐次氏を招き
「現役95歳の極意・「いい加減」のすすめ」、
紅先生による「金子堅太郎」をお届けします。
たくさんの皆様のお出ましをお待ちしております。

ちなみに今回は、体調不良の為ご案内が当日に
なりましたことをお詫び申し上げます。

おかげさまで有難うございます。合掌  じそう 拜


おかげさまで有難うございます。合掌  じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓チラシの画像付きで記載しております↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

おかげさまで有難うございます。合掌  じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓チラシの画像付きで記載しております↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

陽司さん

 投稿者:はまたん  投稿日:2016年 2月22日(月)09時46分34秒
返信・引用
  訃報をお聞きし言葉がありません。
まだお若くて、創作講談など、頑張っていらしゃったのに、とても残念です。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。

紅さんもお辛いでしょうね。
お悔やみ申し上げます。
 

本日

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 2月19日(金)22時21分56秒
返信・引用
  一龍斎貞寿さんが本日「石川一夢・改め神田陽司」という新作パロディ講談をされました。
陽司先生は、新作がお好きだったから、何か新作をやろうと思い立ち、既存の一席をパロディにしようと。
出来はもう一つとのことですが、陽司先生だったらあれだけ新作を作った方だから、果敢に挑戦したことを誉めてくれる気がしましたとのこと。
協会を越えて陽司先生の魂を受けつごうとされているようです。
石川一夢という幕末の講釈師が、心中しようとした講釈師の息子の金策に乗り出し、質屋を訪ねるというお話はどう作り変えたのでしょうね。

さて幸いにも陽司先生の作品はネット上にかなり残っているので今後も多くの方に見ていただきたいものです。
五年前と言えば、まだ上野広小路の本牧亭が残っていて料理と酒をいただきながら一席聞いて、出演者をファンが囲んで懇談することが出来ました。またこの頃に博多にも来ていただきました。
間もなく料亭の本牧亭が閉店、陽司先生も家族の介護で東京を留守にされることが多く、高座を伺う機会が減ってしまいました。その間、御本人も原因不明の難病と戦ってらっしゃたのですね。
 

昨日、逝きました!

 投稿者:  投稿日:2016年 2月19日(金)10時56分13秒
返信・引用
   私の総領弟子の陽司が、2月18日に黄泉の国の舞台へ旅立ちました。
53歳の若さでした。
 4~5年前に発症した難病と、闘いながらもいつも前向きな芸人でした。
 「必ず復帰します!」と、強い信念で立ち向かったのですが・・・、原因不明の難病には勝てませんでした。でも、闘い抜いて満足したかのように、清々しい顔をしていました。
 通夜・告別式は以下の通りです。

 通夜  2月21日(日)18時~
 告別式 2月22日(月)10時30分~
南出屋敷福祉会館
 〒660-0874
 兵庫県尼崎市玄番町5-3
 喪主 兄・吉田 一幸

昨夜会ってきましたが、生きているようでした。たまたま真紅が大阪に来ていて、ネットなどでも、訃報を流してくれました。
皆様も、陽司君を、あの世の舞台に、盛大に見送ってくださいませ!
 

…逆縁…

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2016年 2月19日(金)04時13分5秒
返信・引用
  突然の訃報に言葉もございません…
つい最近までfbに何だかんだとご意見されてあったと思いましたのに…
逆縁であったご親族と総領弟子を亡くされた紅先生の御心中お察し致します。
謹んで御冥福をお祈り申し上げます。
楽しい講釈を有難うございました。
おかげさまで。合掌  じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

悲嘆の限り

 投稿者:ささちか  投稿日:2016年 2月18日(木)22時31分30秒
返信・引用
  今はただ謹んでお悔やみ申し上げるばかりです。

黙祷。
 

残念ながら

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 2月18日(木)21時46分24秒
返信・引用
  facebookに真紅さんが、日曜に通夜、月曜に尼崎で葬儀が、あることを代筆されています。私が最も敬愛する講談師が、志半ばで逝ってしまわれました。紅先生や一門の皆様に心よりお悔やみ申し上げます。  

陽司先生

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 2月18日(木)20時45分50秒
返信・引用
  今朝肝硬変で逝去したとご自身のTwitter、facebook、mixiに書き込みされてます。身近な方が代わって書き込みされたなら大変残念なことです。いたずらな書き込みならとりあえずほっとしますが、残念なことです。  

水平様、ありがとうございます!

 投稿者:紅緒  投稿日:2016年 2月11日(木)18時20分2秒
返信・引用
  水兵様
 今年も私どもの発表会にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。7時間もの長丁場を(!)、最初から最後まで観て下さったというだけでもありがたかったのに、ひとりひとりに温かいお言葉を頂戴し、思わず涙しております。
昨日の紅塾に紅先生がプリントアウトしたメッセージを持って来て下さって、「くれない広場」を見ることができない環境の方や、私のように多忙にかまけて拝見する機会がなかった者が拝読し、一同大感激。たいへん励みになりました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
 

水兵さん、待ってました!

 投稿者:  投稿日:2016年 2月 6日(土)16時18分22秒
返信・引用
  水兵さんの、総評待ってました!

愛情あふれる、ご高評の数々、本当にいつも有難うございます。
生徒さん達も、ますます、来年度に向けて、頑張ってくれることと思います。

それにしても、皆さん上手になり、個性豊かでございましょう?
「何でもあり」は紅塾のモットーです。本来なら、「もっと古典を」と厳しくしなければでしょうが、日頃は古典をしっかり勉強していただき、発表会は大いに楽しんでいただく、がいいですね。
今後とも、よろしくお願い致します。長時間、本当に有難うございました!!!
 

第16回紅塾発表会

 投稿者:水兵  投稿日:2016年 2月 6日(土)16時07分14秒
返信・引用
  1月30日お江戸日本橋亭で開催されました恒例の発表会、楽しく聞かせて頂きました。
個性あふれる塾生諸氏の好演・熱演に感動の一日でした。その一端を勝手ながら皆様にお伝えしたいと思います。

12:00 開演、紅先生のユーモラスな挨拶に続き、
明子さん「源左衛門駆けつけ」発表会初登場の美しい方。若々しい語り口、優しさと力強さがうまく配分された一席でした。最前列で熱心に耳を傾けていた妙齢のご婦人、気になるのでお尋ねしたところ明子さんのお母様でした!
由紀子さん「五郎正宗孝子伝」可愛い五郎の健気な表情を活写。二年目にしてこの表現力。恐れ入りました。
円太郎さん「壺阪霊験記」いつもながら作務衣姿のはじめさんは円太郎と改名。浪曲で鍛えた迫力あるバリトンがお腹に響きました。
宗隆さん「三方ケ原」勇ましい袴姿で真っ向勝負の熱演。大立ち回りもピシリと決まり妥協を許さぬ語り口でした。
健一さん「お楽しみ」=「寅次郎新たなる希望」でした。黒い着流しに赤い襟元、粋ないで立ちで登場したケンちゃんの世界に引き込まれました。柴又ヒルズのそびえる隣の帝釈天商店街はシャッター通りと化していたなど奇想天外の物語に場内は抱腹絶倒の連続でした。縦横無尽の展開は健一さんの面目躍如。脱帽です。
厚夫さん「幕末すいこう伝」第13回発表会以来久方ぶりの登場でした。釈台に広げた資料に目を通しながら講義を進めるお姿はさながら日本橋亭大学国史学科のお教室。場内はシーンと静まり返り、一同かしこまって橋本左内のお話を拝聴いたしました。
なんだかんださん「真田幸村大阪入城」扇子を手に袴姿で舞い踊りながらの口演に場内から歓声があがり何とも「絵」になる一席でした。

ここで第一回目のお中入り
開演時には空席もあった桟敷席も詰まってきました。

一三さん「五郎正宗孝子伝」75.5歳だそうですが熱い親子の情を語るそのお姿は若々しく元気を貰いました。
晃さん「三方ケ原」今回で5年目、その端正な語り口には増々磨きがかかって来ました。武田騎馬軍団に撃破され命からがら浜松城に逃げ込んだ家康。家康公はこの惨敗時の憔悴し、なんとも情けない表情をした自分の姿をを絵師に描かせ、その肖像画を生涯傍らに置いて自戒していたと聞きました。講談ってタメになりますね。
吾亦紅さん「耳なし芳一」美しく結い上げた日本髪には長く大きな鼈甲のカンザシ。粋な抜き衣紋姿の吾亦紅さんが語るのは赤間神宮に伝わる悲しい怨霊のこと。平家の女御の貫録を感じながらしっかりと聞かせていただきました。
紅 彦さん「南部坂雪の別れ」今朝は10:50に自転車で楽屋入り。81歳を迎えて増々お元気な紅彦さんです。四十七士の一気読みはお見事。拍手と歓声が沸き起こりました。
紅 清さん「鉢の木」日出夫改めコーセイさんは前半を丁寧に語りながら後半は一気呵成に怒涛の読み上げ。圧倒されました。
紅 吉さん「浅妻船」俳人其角と絵師英一蝶の友情を熱く粋に仕上げた古典の一席。玄人筋からの人気も高いコーキチさんの話芸、納得の名演でした。
紅 辰さん「ジ・アラコキ」ご存知ケンちゃんの作品をカトちゃんが口演する紅塾の定番。
アラコキとはアラウンド古希=70歳前後の人々ですと。箱根のホテルで開かれた同窓会にはベニカさんや熟年離婚のルリ子ちゃんも登場する賑やかさ。失笑・爆笑しながらどこか身につまされる思いをした今年74歳の水兵でした。

ここで二回目のお中入り
立ち見のお客様を僅かに残っていた桟敷席に案内されていたのは紅葉さんでした。

圭子さん「雪女」小泉八雲の原作を講談に仕立てた一席。今朝早く家を出たときに降っていた荒川土手のみぞれは圭子さんが山梨県都留市から運んで来たもののようでした。雪女の冷気は暑い場内への清涼剤ともなり、圭子さんの好演で一息つきました。
公子さん「真田幸村大阪入城」舞台役者でもあるトモコさんの美声は歯切れよく、修羅場の名調子が心地よいリズムで響きました。
彩 紅さん「五郎正宗孝子伝」五郎をいじめる継母の病気平癒を祈る五郎の姿は五郎丸 歩でした。粋な髪型、豪華なお着物で目の保養もさせてもらいました。
小 町さん「車読み①牡丹灯籠・発端」アップにした髪には大きな櫛、艶やかな小町さんの丁寧な語り口は双子のお子様を育て上げた優しいお母様。悪女には見えませんでした。
陽子さん「車読み②牡丹灯籠・お札はがし」いよいよ盛り上がる牡丹灯籠の怖い場面。場内の照明は暗くなりお囃子のヒュードロに合わせて演技派講談師陽子さんが両手を前に迫ってきました。でもその幽霊は美人でした。こういう美人なら毎晩出てもらってもいいかな、と馬鹿な妄想が一瞬私の頭に浮かびました。(陽子姐さんゴメン)
千 紅さん「車読み③牡丹灯籠・栗橋宿」和風でクールな髪型に渋いお着物姿、日本髪と振袖は卒業されたようです。創作講談得意の千恵ちゃんが語る古典、良かったァ。
紅 海さん「家康くん 三方ケ原フン戦記」浜松市で購入したゆるキャラの家康くんはピアノの鍵盤模様の袴を着けていました。いつもながら研究熱心な紅海さんから中身の濃いお話が聞けました。

ここで三回目のお中入り
再び紅葉さんによる群衆整理。場内の熱気は高まるばかりでした。

紅 元さん「赤垣源蔵 徳利の別れ」紅元さんの手堅い語りには安心感がありますね。本懐を遂げた源蔵の爽やかな心を感じたように思えました。
契 太さん「妲己のお百」徳兵衛を沼に沈めるお百の悪女ぶりはもの凄く、契太さんのお百は怖かったです。
紅 奴さん「お楽しみ」=「品川心中・改」五年目となるあいさんは紅奴となり、艶めかしい芸者さん風のいで立ちで登場。華やかで明るいキャラの紅奴さんの語る品川心中はなんとハッピーエンドでした。
紅 水さん「古事記より天の岩戸伝説」みずえさんも5年を経て紅水になりました。子供向けのお話で経験豊富な紅水さんの語り口は明るくキレがあり、スマップやベッキーもちょい役で登場するアマテラスの伝説は小道具の鏡で理解が深まりました。
紅むつさん「鉢の木」袴姿も凛々しいむつさんの読む源左衛門は期待していたとおり、余裕の名調子。上手いですねエ。
紅 緒さん「くちなしの花」紅塾のハイカラさんこと紅緒さんは紅先生原作で学徒出陣した海軍士官の美しくも悲しい純愛の物語を全身で語りました。紅緒さんの熱演に引き込まれ、ぐっとこみ上げるものを感じました。つらいけれど語り継ぎたい演目の一つではないでしょうか。紅緒さんありがとう。
紅 代さん「走れメロス」小柄な熟女紅代さんの高座は堂々として大迫力の口演。講談を読むことで年々若返っていく紅代さんでした。
ゲスト・金印亭さん「金印物語」福岡紅塾の四人が特別出演。金印は卑弥呼が歴史に登場する三百年も前のものだったんですね。福岡から出張の美女四人組に感謝です。
〆は紅塾生徒一同「源左衛門駆けつけ」この日出演した塾生全員が舞台に上がって大合唱。一糸乱れぬその語り、改めて塾生諸氏のレベルの高さに感服致しました。

打ち出しは19:00を過ぎていたと思います。
舞台の袖でプロンプターとして出ずっぱりであった紅先生、楽屋で塾生諸氏の支度をお手伝いしておられた紅葉さん紅佳さん、そして関係者の方々に御礼申し上げます。
講談って本当にいいものですね。


 

講談会

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 2月 3日(水)21時59分26秒
返信・引用
  23日夜エルガーラで先生の金子堅太郎他→日露戦争の際にアメリカの支援を得るため尽力。

先生と協会は違いますが同門の神田香織先生のチェルノブイリ講談が2月11日に北九州芸術劇場で。
 

アリカワさん、有難う!

 投稿者:  投稿日:2016年 1月28日(木)13時10分10秒
返信・引用
  丸島和洋 真田四代と信繁 平凡社 ですね。いつも、教えていただき、有難うございます。
今年は、真田で頑張りま~す!

さて、アリカワさんもお知らせいただきましたように、来る30日(土)、12時開演で日本橋亭にて、第16回お江戸演芸スクール・紅塾発表会が開催されます!

4部制で、それぞれに仲入り休憩を入れて、全部で約7時間。
1人10分の持ち時間の中で、個性があふれて、飽きることがありません!!
生徒皆さんの頑張りを、是非見に来てください。

当日チケット代は、1000円です!
 

30土曜発表会12時日本橋亭、千円、29名+金印亭

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 1月26日(火)20時51分36秒
返信・引用
  昨年は1時間たつと満員に。福岡では聞かない正宗孝子伝、壺坂霊験記、耳なし芳一、浅妻船、雪女。三名車読み牡丹灯籠、そして終わりの19時前はくちなしの花、走れメロス、金印物語となっています。  

新書

 投稿者:アリカワ  投稿日:2016年 1月16日(土)22時11分53秒
返信・引用
  丸島和洋 真田四代と信繁 平凡社 こちらも良い本です。  

レンタル掲示板
/111