teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


後のこと知りたや

 投稿者:ショースケ  投稿日:2015年12月30日(水)20時59分10秒
返信・引用 編集済
  12月26日(土)上野広小路亭にて

樋口一葉の「大つごもり」は芥川龍之介の「お富の貞操」とともに
紅さんの持ちネタの中でも特に好きな作品です。

今は放蕩息子の石之助や乞食の新公に魅かれます。
新政府樹立のため、乞食に身をやつしている新公は村上源氏の末裔。
何より武士道を貴ぶ男だ。恐らく、はなからお富を襲う考えなど
なかったのだろう。

石之助もまた子供のころは裕福なお坊ちゃんとして大切に育てられた人間。
しかし継母が来て屈折。
遊び人となるが、そこには呑む打つ買う人間だけが持つ特有の感性の
鋭さと優しさが宿っている。

石之助は峰に自分の境遇を重ね、酔って寝た振りをしながらも不審な行動を
感じ取ったであろう。
そのあたりの細やかな情景が紅さんの語りで手に取るように分かる。

いずれの作品もハッピーエンド。

なお、翌27日(日)の讀賣新聞 日曜版にも取上げられていましたね。
「新年(はる)は好(よ)き事も来るべし」。

本年も有難うございました。
来年は是非とも「紅講談 日本文学全集」の新たなる作品を望みます。
太宰 治、永井荷風等を語ってクレナイ。

 
 

じそうさん、これからもよろしく!!

 投稿者:  投稿日:2015年12月29日(火)22時40分8秒
返信・引用
  じそうさん、お正月のラジオのご案内、有難うございます。
これからも、広場へ、情報色々とよろしくお願い致します。

紫酔さん、白扇の会のチラシと、「あらしのよるに」を有難うございます!
気持ちばかり、お正月に飲んでください。
今年は、ダビングの件では、本当にお世話になりました。有難うございます!!
 

オペラ寄席 すぱげっ亭♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2015年12月29日(火)12時31分0秒
返信・引用
  アタシは「NHKネットクラブ」に芸能関係のキーワード「神田紅・講談・落語・浪曲」を登録していますので、すべての媒体のうちでそれらがあると一週間前にメールがございます。
先日、今年最後のお稽古があったとき、紅先生が来年正月3日にNHKFMラジオに出演する…というようなことを仰っていましたが、NHKならメールがあるだろうとよく聞いていませんでした。
ところが、昨日までNHKのネット番組表には「オペラ寄席 すぱげっ亭」の放送予定告知はあったものの、出演者などの詳細は記されていませんでした。
だから、紅先生のブログを引用させてもらってfbや各掲示板へ書き込む準備をしていました。
今朝方、NHKからメールがあったので放送予定表を見てみるとぉ…

http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/index.cgi

せっかく準備してたから、平成27年12月20日の記事を以下に引用しますね。

NHKFMでお正月放送の、「オペラ・スパゲッ亭」寄席。収録したのは、講談オペラ「フィガロの結婚」!
放送作家は、ソプラノの桜田ゆみさん。
フィガロは江戸弁で、ケルビーノはケル坊、マルチェリーナはおマル。抱腹絶倒の喜劇「フィガロの結婚」、聞いてく・れ・な・い?!NHKのスタジオで、桜田さんと
                                        引用終わり
【紅先生公式ブログ】http://ameblo.jp/kandakurenai/

ちなみに、さすがに紅先生はロングバージョンとのことで、一之輔師匠も出演されると仰っていました。
尚、7日までの番組のうち、4日は菊之丞師匠、5日は奈々福さんと豊子師匠がご出演と予告されています。
あとはどなたが出てくるか楽しみでございます♪

おかげさまで有難うございます。合掌   じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

赤めだか

 投稿者:アリカワ  投稿日:2015年12月28日(月)20時36分4秒
返信・引用
  21時から談春、談志のドラマがあります。  

山姉ちゃん KBCラジオ・チャリティー・ミュージックソン出演♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2015年12月26日(土)10時51分30秒
返信・引用 編集済
  昨日朝7時過ぎよりKBCラジオでチャリティー・ミュージックソンという番組に
福岡紅塾塾生の山ねえちゃんが出演、メインパーソナリティにむかし一世を
風靡した沢田幸二、ゲストに松村邦彦を迎え対談を繰り広げました。
我らが紅先生も山ねえちゃんとの出会いや指導方法、今後のことなどをコメ
ントされました。
そして山ねえちゃんが、講談「家光と信綱」を熱演。
紅先生のエールを受け、沢田幸二も「目の不自由な方の目標になるでしょう」
というようなことをおっしゃっていました。
尚、チャリティーの寄付金は、音の出る信号機の設置に使われるそうです。
山ねえちゃん♪お疲れ様でした。
おかげさまで有難うございます。合掌  じそう 拜 (敬称略)

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

義士討ち入りの日

 投稿者:友勝  投稿日:2015年12月18日(金)15時45分40秒
返信・引用 編集済
  義士討ち入りの日12月14日に神田紅先生は、福岡市南区寺塚にある興宗禅寺にお詣りされた。
法要後すぐに神田先生の講談「義士討ち入りの一部を」を本堂の向拝口に立たれて短く語られ、塾生数名も先生の横に立たせて頂いて「会稽山に越王が恥辱を雪ぐ大石の・・・・引き上げの来たる赤穂義士」の一節を元気に合唱した。約200名の参拝客は、熱心に聞き入っていた。
その後、ドーンと音がする、抱え大筒の発射披露や、子供達の賑やかな連太鼓、演芸などが続いた。
昭和10年に地元福岡の篤志家木原善太郎氏が、青少年の健全育成と日本精神作興のため私財を投じ、泉岳寺と同宗である興宗禅寺境内に赤穂四十七義士の墳墓を模して、配列から地形、玉垣まで泉岳寺のものと同形式の墓が建立されたもので、全国的に他に類のない貴重な史跡である。

夕方から、先生の受章祝賀会が開催されたが、翌日の西日本新聞朝刊の記事の一部を紹介すると、
「・・・福岡市民文化活動功労賞に選ばれた神田紅先生の受賞祝賀会が14日福岡市中央区西鉄グランドホテルであり地元経済界の親交者やファンなど約160人が受賞を祝った。地元企業や市民団体で構成する「金印倶楽部」が主催した。神田さんは福岡に縁のある人々の知恵や志を語り継ぎ、全国に広めた。会場には表彰状が置かれ、神田さんが主宰する講談教室「福岡紅塾」の金印亭のメンバーが紅先生の活動をリレー講談で紹介した。その後出ばやしとともに登場した神田さんが「南部坂雪の別れ」を披露すると、盛んな拍手が送られた。」。
その後の懇親会では、神田先生も円卓を回られ、懇親、交流で盛り上がり、最後は博多祝い唄といっ本締めで終わった。
「福岡義士会」と「受賞祝賀会」に楽しく参加させて頂き有難うございます。

 

「惚れております」紅講談

 投稿者:夜の「紅」茶  投稿日:2015年12月17日(木)22時17分26秒
返信・引用
  今年の芸能界、話題を攫ったのは原節子逝去。生涯で108本の映画に出演、その最後の作品は
1962年東宝稲垣浩監督「忠臣蔵 花の巻・雪の巻」で扮するは大石りく、そして講談はいしの
家郷、但馬豊岡での父石束源吾右衛門との緊迫感溢れるくだりを切々と語る。特にいしと義母
おたかが内蔵助の手紙で落涙し、秘めた慕情を募らす場面はストーリーの白眉。連夜DVDで
原映画の数々を観賞(綺麗!)、今宵は当代一の美人講談師と大女優のコラボレーションの感。
池袋年末吉例、いつも乍らの忠臣蔵名調子を聴けて余韻が残り、これで今年もよい年が送れる。

                           <大石妻子別れ~二度目の清書>
                                  於・池袋演芸場

                                  平成乙未 極月
 

師走は、師走!

 投稿者:  投稿日:2015年12月17日(木)16時14分54秒
返信・引用
  池袋のトリの合間をぬって、12月14日は福岡の義士祭に参加させていただき、帰ってきて昨日16日、今日17日と池袋演芸場へ師走のトリへ!
 終わると再び、福岡紅塾へ走り、帰ってくると年末は、東京紅塾の補講が待っています。
師走に、師走できるとは、有難いことですねぇ!

アリカワさん、じそうさん、福岡の教室も盛り上がっていますが、東京の紅塾も、1月末の発表会に向って盛り上がっています。
 私は、とにかく本日の池袋演芸場のトリを無事に務めあげねばと、練習を盛り上げております。
書き込み、有難うございました!!
 

▼ 福岡義士祭&紅先生福岡市民文化功労賞受賞祝賀会&ゆく年くる年忘年会♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2015年12月16日(水)18時39分50秒
返信・引用 編集済
  平成二十七年十二月十四日ぁ♪

今年もやって来ました忠臣蔵の日!

西日本新聞福岡都市圏(平成27年12月15日朝刊)の記事。
墓前での献茶の模様が記されています。
ちなみにアタシャ今年は本堂で参拝のみに致しましたが、
山上の墓所まで参られた塾生が「すごく厳かやった…」と申しておりました。

ちなみに、山門のところで売っていた御酒は「穴観音」純米酒。
花の露謹製 http://www.fukuoka-sake.org/map/detail.php?ID=46
好みの熱燗には向きませんでしたが、冷やだと至極呑み易うございました。

西日本新聞(平成二十七年十二月十五日朝刊)
前出記事の次頁に紅先生福岡市民文化功労賞受賞祝賀会の記事が!!

まことにおめでとうございます♪

しかし神田さんって、それは名字ぢゃなく亭号でしょう(笑)
何はともあれ
紅さん、いつも有難うございます。
おかげさまで。合掌   じそう  拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

昨日は討ち入りの日

 投稿者:アリカワ  投稿日:2015年12月15日(火)22時33分35秒
返信・引用
  病院で夕方RKBのニャース見ていたら一瞬穴観音が出ていた気がしますが、治療に呼ばれ結局見れませんでした。  

徳利の別れ

 投稿者:ショースケ  投稿日:2015年12月13日(日)12時15分10秒
返信・引用
  12月12日 池袋演芸場にて

東京ボーイズがめい曲「高崎は今日も雨だった」で場内を爆笑の渦に包みこんだ
ところで、四方八方から「くれない!」の掛け声が乱れ飛ぶなか、本日の演目に
合わせた落ち着いた色調の着物で登場。

「兄弟」を描いた噺では、談志さんの「鼠穴」とともに紅さんの「赤垣源蔵・
徳利の別れ」が好きだ。

不在の兄の羽織の前で、今生の別れの酒をひとり呑む源蔵。
翌朝、深々と降る雪の中、本懐を遂げつつも兄に会えずにいる無念の想い。
そして、その先にある兄の哀しみ。

聴く人、それぞれの琴線に触れつつ・・・。
陽気に〆るは「せつほんかいな」。お見事でした。

有り難うございました。寒さ厳しき折、ご自愛下さい。

 

紅講談を堪能しました?

 投稿者:春日部  投稿日:2015年12月12日(土)22時51分37秒
返信・引用
  吉例12月中席池袋演芸場の芝居は、紅先生のトリが4
日間。12月になると紅先生のCDで赤穂義士伝を聴いてますが、本日は「赤垣源蔵徳利の別れ」泣けました!やはりライブは最高ですね。16日は「南部坂雪の別れ」都合がつけば行きたい?
 

Re: 春水先生が中村久子伝を語ります♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2015年12月10日(木)11時10分7秒
返信・引用 編集済
  > No.3779[元記事へ]

昨日、
一龍斎春水先生の「中村久子伝」聴講してきました。

枕で「大先輩の紅先生が先頭を走って下さって践み分けた後を
ぼんやりと歩かせて頂いている…」と仰っていました。
それを聴いた周りの方々が「おぉ…」とうなづいていましたよ。
低い鼻がちょっと高くなりました(笑)

おかげさまで有難うございます。合掌 じそう 拜

【facebook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

真田昌幸

 投稿者:アリカワ  投稿日:2015年12月 9日(水)23時17分54秒
返信・引用
  黒田基樹、小学館。長野県でのお仕事なら従来の本で十分ですが、群馬県やら北条贔屓の町での真田講談台本作りにはこの本が有効です。  

国立演芸場~池袋演芸場へ!

 投稿者:  投稿日:2015年12月 5日(土)12時15分58秒
返信・引用
  現在、国立演芸場の昼席出演が、10日まで続きます。
今日は、ちょうど仲日です。御用とお急ぎでないお客様は、茶楽師匠のトリです。お出でくださいませ!
 また、その後、11日(金)12日(土)16日(水)17日(木)は、池袋演芸場。
19時40分上がりです。
こちらは、是非是非、お出かけ下さいますようお願い申し上げます!!

その間に、12月14日の義士祭は、福岡にて、です!!!
 

春水先生が中村久子伝を語ります♪

 投稿者:天福坊じそう  投稿日:2015年11月27日(金)18時08分17秒
返信・引用
  アタシも万難を排して聴講しようと思います。

アリカワさん
鶴瑛先生親子が数年前講演された、福大側の城南市民センター
(福岡市城南区片江5-3-25 TEL092-862-2141)ですよ。
ご一緒しませんか?メール下さいませ。

【人権を尊重する市民の集い】
市人権委員会は、毎年、市人権尊重週間に
「人権を尊重する市民の集い」を開催して
います。
入場無料、申し込みも不要です。

*開催日=平成27年12月9日(水)
*開場=午後1時、開会=同1時半
 実践報告=午後1時40分から約40分
 講演=午後2時半から約90分
お問い合わせは、城南区生涯学習推進課
Tel:092-833-4044  Fax:092-844-1204
まで。

おかげさまで有難うございます。合掌  じそう  拜

【FaceBook】https://www.facebook.com/profile.php?id=100003522976065

↑↓画像付きの記事がございます↓↑

http://www.21style.jp/bbs/itido/index.html

 

講談CD

 投稿者:アリカワ  投稿日:2015年11月27日(金)16時02分54秒
返信・引用
  旭堂南海が続き読みした「難波戦記」のCD40巻が完成。昨年10月から収録を始め、今年の夏からはウメダFM(78.9MHz)でも毎日曜に放送。上方講談を代表する歴史スペクタクル「難波戦記」を40回分、収録。それがノーカットでCD40巻になったもの。
「難波戦記」はご存知のように、大坂冬の陣・夏の陣を虚実ないまぜで綴った壮大な物語。勝者側の江戸版が先に作られましたが、江戸時代中期に敗者側に立った大坂版が作られ、浪花で語り継がれてきました。
南海は大師匠である二代目旭堂南陵の大正期の新聞連載を元に、再検証し推敲と脚色を加えて構成。続き読みで完結編として出した人はいないそう。
「今考えられる集大成です」と南海。この「難波戦記」は徳川家康は堺で死ぬし、豊臣秀頼は幸村に守られ新天地へ逃げのびる、という驚くような奇想天外の面白さ。「歴史とは違いますが大阪庶民の、俺らは負けへんでという土性っ骨を象徴、反骨心と存在感を示す物語でもあります」と南海。二代目南陵のお孫さんのご家族の制作支援もあり「心意気の賜物」といえそうです。
97年から毎月、続き読みの会「旭堂南海の何回続く会?」を開いて、続き読みにこだわってきた南海は「講談は長い物語を続き読みしてきたもの。本来の姿をCDで実現できたのは本懐、喜びは大きい」と語っています。今年は大坂夏の陣から400年。さらに、来年のNHK大河ドラマは真田幸村が主人公の「真田丸」。今、「難波戦記」を聞かなくてはという絶好のタイミングでもあります。想像力をかきたてるCDで醍醐味を存分に味わってください。1~10巻を販売中。以降、10巻ずつ来年2月、4月、7月に販売予定。1巻1500円。購入申込は上方講談*私設応援隊=FAX:06-4790-2558詳細は同ホームページ  http://www.welovekoudan.com
 

友勝さん、アリカワさん、紫酔さん、有難う!

 投稿者:  投稿日:2015年11月23日(月)10時52分46秒
返信・引用
  友勝さん、アリカワさん、投稿有難うございます。

紫酔さん、歌舞伎のDVDを頂戴しました。先日は、参考本を送っていただき、重ね重ねお礼申し上げます。
 

訂正有難うございます。

 投稿者:友勝  投稿日:2015年11月22日(日)16時53分21秒
返信・引用
  紅先生、有難うございます。

森有礼は、憲法発布の日に祭典に出る前に、自宅にて殺されたこと。訂正頂き有りがとうございます。充分知らないままの投稿お許し下さい。大変な時代だったんですね。

ウィリアムソン博士のことは、10分間ではとても語れるものではありません。この時代のことを知っておられる識者に方々は、幾人も居られますね。紅先生や、権藤様のご指導を得て、一歩でも進めてみます。何卒宜しくお願いたします
 

来週金曜夜

 投稿者:アリカワ  投稿日:2015年11月21日(土)11時12分39秒
返信・引用
  衛星22時からの六平直政さんだったか歴史列伝?、昨夜は島津退き口、次回予告は貝原益軒です。  

レンタル掲示板
/111