teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:44/2236 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ラジオ深夜便

 投稿者:紅談士  投稿日:2017年 5月19日(金)05時55分5秒
  通報 返信・引用 編集済
  4時丁度に目覚め、「明日へのことば」聴きました!先ず吃驚したのが、紅先生の声。何時も以上に綺麗に聞こえました。柔らかく、優しさに溢れた声でした。NHKの音響技術も然る事ながら、紅先生自身がゆったりした心境で語られたのではないでしょうか。「万芸は一芸を生ず」。紅先生はいろいろな事に挑戦されてきたんですね。芸風によく表れていると思います。私も、いろいろ首をつっこみましたが、未だ一芸が見つかりません。ラグビー、クラシック音楽、講談、浪曲…。そして、今嵌りかけているのが「文楽」。一昨日、国立劇場小劇場で、初めて生を鑑賞しました。テレビでは味わえない臨場感。特にインパクトが強かったのが義太夫です。人形浄瑠璃と言いますが、舞台の花形は大夫さんだと思います。セリフを語り、歌う。その声は、オペラ歌手以上。物凄い迫力です。これを聴きながら人形の動きを追うと、人間が演ずる以上のリアリティーがあります。そして、人形の美しいこと。みんな八頭身の様ですね。次回は6月の「文楽若手会」。上手6列目を確保しました。最前見たのが下手11列目でしたから、もっと大夫に近づき人形も間近で見られます。これは、総合芸術ですね。  
 
》記事一覧表示

新着順:44/2236 《前のページ | 次のページ》
/2236